iceskateのコンサートメモ

アクセスカウンタ

zoom RSS プロムス音楽祭 Japanese Night in プラハ (2005.8.6)

<<   作成日時 : 2005/08/09 22:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 5 / コメント 5

西本智実さんのロシア以外のヨーロッパデビューを見届けたいということで、プラハ5日間の旅行に出かけました。
8月5日の夕方にプラハにつき、ホテルのカフェで食事。高い割にはまずかった…。
夕食後、翌日の日本語ガイド付きプラハ観光の出発場所と、スメタナホールのある市民会館の場所の確認に出かけました。市民会館の場所はわかりやすく、プロムス音楽祭の横断幕とポスター(もちろん西本さんのお名前あり)を撮影。

市民会館の入り口におられる方に「ポスターが欲しいのですが。」とお願いしたところ、「今日はInformationがもう閉まってしまったので、あいている時間にチケットを持ってきてください。」と言われて翌日に出直すことに。
帰りに、パリ通りにおいしそうなケーキ屋さんがあったので、テイクアウトしたら、モーツァルトチョコを一つおまけに付けてくれました。ここのケーキはおいしかったです。


6日、朝9時から6時間のプラハ観光へ。日本語OKのガイドさんなので気楽で、プラハのほとんどの見所を歩いて回りました。プラハは寒く、フリース等を着てブルブル震えている人もいました。私は薄い長袖しか持って行かなかったので、”黄金の小道”で、夜のコンサート用の服に合うジャケットを見つけてあわてて購入。そうしたら、日が出て暑くなりました…。プラハの気候は雨と晴れが激しく入れ替わり、何ともつかみどころのないものでした。
カレル橋でお願い事をすると叶うと聞いていたので、「今夜の西本さんのコンサートが大成功し、これから世界を舞台に活躍する指揮者になっていかれますように。」等々、お願いをしました。

観光終了後、一旦ホテルに戻り、コンサート用の服に着替えて市民会館へ。ここのカフェのケーキがおいしいとガイドさんが言っていたので楽しみに食べ始めたら、まずいことまずいこと…。日本では考えられないケーキでした…。開演時間までまだ時間があったので、一旦市民会館を出て、近くでウィンドウショッピングをしながらお土産探し。そうしたら西本さんのマネージャーさん(?)のEさんにバッタリ。「(西本さんは)今、リハーサルしているの。」とのこと。今回、西本さんには会えなかったので、ここでEさんに偶然にもお会いしてご挨拶することが出来て良かったです。

開演前に、例のポスターをもらいに窓口へ。結局、ポスターは頂けず、ちらしを何枚か頂いて、プログラムを購入しました。
スメタナホールのステージでは、ピアノの調律中。ロビーでは、無料でワインが振舞われており、さすがに、それなりの雰囲気がありました。
TVカメラがたくさん入っており、チェコ国内で放送されたのでしょうか?
ステージは狭く、オーケストラとピアノが入ったら、もう余裕なしです。指揮者は向かって右から登場しました。

1曲目の「運命の力」。私も、海外のホールで西本さんのコンサートを聴くのは初めてで緊張していましたが、西本さんもかなり緊張していらしたように見えました。「革命」ツアーの時に東京交響楽団の演奏で聴いた時の方が良かったと感じました。

2曲目の「チャイコフスキー ピアノコンチェルト」。今回のソリストは、あまりチャイコフスキーさんの曲は得意ではないのではないかな?と感じました。音に表情はあるけれど、心から音が出ておらず(?)、”腕で弾いている”ような感じの演奏で、伝わってくるものがあまりありませんでした。テンポも他のコンサートで聴くものよりもかなり遅めでした。ピアノだけのアンコールで弾かれたショパンのワルツは素晴らしかったのですけれど。

休憩時間にもワインが振舞われていたようでしたが、私は緊張のためかお手洗いへ直行。

最後の「幻想交響曲」。これは素晴らしかったです! 
最初、指揮台に立って礼をされた時に少しふらついたので、少し心配していましたが、無事、最後まで振り切られました。
曲は、最初から”西本さんの音楽”になっていて安心して聴きほれました。
それまでただ聴いているだけだった前の列の外人さんが、この曲の演奏中、プログラムの「Japanese Night」のところを一生懸命に読み始めました。
アンコールはなく、演奏終了後は、抱えきれないほどの花束と外人の方のスタンディングオヴェーション!! 
西本さんは花束を抱えながら、「フー!」(髪がなびきました)と言っていましたので、きっと全力で必死でいらしたのでしょう。私も演奏終了後は、何だかホっとして疲れてしまいました。

全曲聴き終わってのオーケストラの印象ですが、これは私個人の感覚ですが、”ミレニウム”や”ロシアシンフォニー”の方が良いのではないかな、と思いました。

今回、演奏中に大きな音をたてる人が多く気になりました。椅子は木で平たくできておりクッションがありません。体の大きな外人さんが少し体をゆらすとギシギシと音がしてしまうような椅子でした。

海外のホールへ来ることも滅多にないので、いつも日本ではしないのですが、1時間ほど西本さんの出待ちをしました。が、結局、お会いすることはできませんでした。
その間、ソリストの方と西本さんのステージ衣装らしきものが出てこられました。衣装は、外人の方が日本語で「オツカレサマデシター。」と言いながら持って出られました。

無事、西本さんの素晴らしいヨーロッパデビューを見届けることができて、とても幸せでした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(5件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
オペラ「ドン・ジョバンニ」 in エステート劇場(スタヴォフスケー劇場)
8月7日、新聞を買うため朝一番でホテルの売店へ。幾つかあったので店員の方に、「昨晩のスメタナホールでのコンサート(http://34402263.at.webry.info/200508/article_1.html)の評を見たいのですが、どれが一番良いですか?」とたずねたところ、「そういうものでしたらローカルの新聞が良いですが、ここには国際レベルの英字新聞しか無いので、街中のスタンド等で買ってください。」と言われました。 ...続きを見る
iceskateのコンサートメモ
2007/10/12 02:24
日本フィルハーモニー交響楽団 第241回 横浜定期演奏会
10月11日    横浜みなとみらいホール ...続きを見る
iceskateのコンサートメモ
2008/10/13 17:31
西本智実指揮 オペラ「アイーダ」
8月27日     プラハ国立歌劇場(ほぼ満席) http://www.opera.cz/en/repertoar/aida.html ...続きを見る
iceskateのコンサートメモ
2009/09/19 02:22
大和証券 府中支店 オープン記念コンサート
12月6日    府中の森芸術劇場どりーむホール ...続きを見る
iceskateのコンサートメモ
2009/12/14 01:07
《映画》「のだめカンタービレ 最終楽章 後編」
5月6日     新宿ピカデリー ...続きを見る
iceskateのコンサートメモ
2010/05/08 17:14

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
iceskateさま、はじめまして。智さんのBBSでいつもお名前を
拝見しておりまして、後援会のツアーとは別にプラハへ行かれる
というお話しでしたので、そろそろ戻られる頃かしら。。と
HPにお邪魔すると報告が!臨場感があり、スメタナホールに
いるような気になりました。。。あまり緊張したりするタイプじゃない
とおっしゃる智さんが、緊張されていたというのを見て、
こちらも読みながら緊張しました^_^; 
素晴らしいレポートありがとうございました。

私もネットでホテルが予約できるサイトやチェコ航空。。プラハ観光。。
たくさん見ましたが現実には無理で、ほんとに行かれたiceskateさまは
やっぱり旅慣れていらっしゃるご様子、尊敬いたします。。(-.-)

あとは智さんご本人の報告と、後援会から行かれた方のお話で、
音楽祭を味わいたいと思います♪(^・^)
ヴィノー
2005/08/10 08:00
素晴らしいコンサートだった様子ですね。スタンディング・オヴェーションを受けたということは、成功だったことを物語るものでしょう。このオケのCD(西本さんの指揮ではありません)を聴いていたので、オケのレベルのお話は納得できます。
すてきなご報告を、ありがとうございました。
kazu
2005/08/10 14:21
iceskate様、はじめまして。
ヴィノー様と同じく、いつもiceskate様の愛情溢れるコメントを嬉しく拝見しております。今回プラハまで行かれる方々を羨ましく思いつつも、皆様がご無事でお帰りになって、『その時の智実さん』のご様子を報告してくださる事をとっても楽しみにしていました。
素晴らしいヨーロッパデビューとの事、本当に嬉しくて、コメントさせて頂きました。暑い日が続く日本に戻られて、旅のお疲れが出ませんよう、ご自愛下さいませ。
ありがとうございました。
non
2005/08/10 22:01
ヴィノー様、kazu様、non様、早々に暖かいコメントをありがとうございました。今回の旅行は体が時差ボケになるヒマも無く帰国し、おかげさまですっきりピンピンしております。

ヴィノー様、今回の旅行は、飛行機、ホテル、空港〜ホテル間の送迎、日本語ガイド付きツアー、すべて電話1本のオーダーメイドで簡単だったのですよ。希望どおりでお値段もオーダーメイドにしてはreasonableです。
手配先はH.I.S本社の「音楽鑑賞専門デスク」です。
手配していただいたものは、すべてスムーズに運び満足しております。
今回、プロムス音楽祭のチケットの入手は大変急いだので、これだけは後援会の方々と同じJTBに先に手配を依頼しましたが、上記H.I.Sのデスクで、もちろん音楽祭のチケット等も手配してもらえます。
今後のご参考まで。
iceskate
2005/08/11 20:02
そうですか、オーダーメイドの旅行ですね。しかし今思い返すに、自分でもやっぱり無理かも。。と半分思いながらプラハの街を見ていたのかもしれません。。娘がおりまして、連れていくには英語圏ではない国に、まして個人旅行で不安がある(英語も日常会話に苦労するほどで^_^;)預ける実家の母も「子供を置いて海外に行って、もし何かあったらこの子はどうするの?」と究極な話を出していい顔をしなかったのです(-_-;)

英語が話せれば旅行にも自信がもてるのでしょうね。。その英語も出来ないのに、私もロシア語講座を録画しています。しかし私がロシア語をマスターするより智さんがロシア以外の国の指揮者になる方が早いのでは?と思い始めてます。。(-.-)でもあの番組を見ていると、今のロシアが色々紹介されるので「智さんもこういう所に行くのかな?」と思いを巡らせることが出来て楽しいんです♪最近では「ロシア」にやたら反応して「ロシア産タラバ蟹」にもスーパーで出遭うと愛情を感じてしまう私です。。。(;一_一)(どうなのそれは・・・)
ご親切に教えていただいてありがとうございました。またお邪魔させて下さい(*^_^*)
ヴィノー
2005/08/14 00:08
プロムス音楽祭 Japanese Night in プラハ (2005.8.6) iceskateのコンサートメモ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる