iceskateのコンサートメモ

アクセスカウンタ

zoom RSS ミューザ川崎シンフォニーホール&東京交響楽団 名曲全集 第10回  指揮:西本智実

<<   作成日時 : 2005/09/28 10:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2005年9月10日(土) 

♪1.チャイコフスキー:幻想序曲「ロメオとジュリエット」
♪2.チャイコフスキー:バレエ組曲「眠りの森の美女」Op.66aより
♪3.プロコフィエフ:バレエ音楽「ロメオとジュリエット」Op.64より
♪アンコール チャイコフスキー:バレエ組曲「眠りの森の美女」より「ワルツ」

西本さんはまた新しいタイプの衣装で登場。
この日の予習として、西本さんの1st CDを繰り返し聴きなおしました。
正直言って、「ロメオとジュリエット」は2曲とも暗いのであまり好きではなかったのです。(ストーリーが暗いので、”暗い”というイメージが頭にこびりついてしまっているのかもしれませんが…。)
また、このCDの演奏は、とても鋭い感じで勢いがあって、これは数年前の西本さんの音楽ですけれども、今回はそれがどのように変わっているのかな、と楽しみに出かけました。
1曲目から大迫力! 
どちらの「ロメオとジュリエット」も今回の生演奏を聴いて好きになりました。
(西本さんのコンサートを聴いた後、あまり好きではない曲が好きになるのはいつものことですが。)

「眠れる森の美女」は、バレエ付きで見たかったですね。
今、私が一番聴きたい「眠れる森の美女」のワルツがプログラムになかったので、ちょっとがっかりしながらもアンコールでもしかしたら…と密かに思っていたらその通りだったので、とっても嬉しく、聴きながらワルツにあわせて体が動いてしまっていました。(私と同様にこの曲の時に体が踊っていらした方が多く見られました。)
エレクトーンの演奏試験のため、たった一曲だけ弾くクラシック曲として、最初はバッハのフーガでほぼ準備が出来ていたのに、”やっぱりチャイコフスキー!”と思い、この曲に変更し、オーケストラ譜を見ながら西本さんのCDを聴きながらエレクトーンでの音色を作ったばかり。今、一番体にしみこんでいる曲が生で聴けて、とても幸せでした。

また、今回は全曲とも、フィギュアスケートでよく使われる曲で、それぞれの曲で過去に名演技をしたスケーターたちを、聴きながら思い出していました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
記事参照数トップ10(2005年5月〜2006年11月):2007年1月2日時点
自分が行けなかった(行かなかった)コンサートの感想文やレポートを、他の方のブログで読んでとても楽しめ、また、有難かったので、自分も出来たらいいなと思ったことと、私がブログを始めた2005年は、日本で急速な勢いでブログを持つ人が増えていた時だった、ということもあり、私もその時流に乗って始めてから約一年半が過ぎました。この辺で、一度振り返ってみようと思います。 ...続きを見る
iceskateのコンサートメモ
2007/01/07 20:24

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
ミューザ川崎シンフォニーホール&東京交響楽団 名曲全集 第10回  指揮:西本智実 iceskateのコンサートメモ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる