iceskateのコンサートメモ

アクセスカウンタ

zoom RSS ヤマハエレクトーンコンクール2005 Winners Concert (東京)

<<   作成日時 : 2006/02/27 20:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

http://www.yamaha-mf.or.jp/el-con/winners_concert/index.html

ヤマハエレクトーンコンクールは、隔年でクラシック様式以外(A部門)とクラシック様式(B部門)とで行われます。2005年はB部門の年でした。

エレクトーンのコンクール受賞者のコンサートなどに来るのは、10年以上ぶりのこと。
コンサート前に、Webのリハーサルレポートを読んでおいたら、本番のコンサートはもっと楽しめただろうな、と思いました。

ステージに向かって左上(2階)の席で、演奏者を真後ろの上から見られる(弾いている様子がよく見える)席でラッキー。
演奏者(作曲者・編曲者でもあります)は、さすがに皆さん、素場らしい表現力。恐ろしい(?)天才はたくさんいるものだ、と思いました。
しかし、一部の曲(コンクール上位入賞曲)は現代音楽のようなものばかり。しかも全曲、同じ先生が手直ししたのかしら? と思ってしまうほど、全て似たような感じ。こういう曲でないと上位に入れないのかしら?
一部の全曲を通して、「CDが欲しい」と思うような、私的に気に入った曲(心暖まる、ロマンチックで美しいメロディーを歌い上げるタイプの曲)は、オープンエイジ部門で優勝した播磨 麻耶さん作・編曲・演奏の「Diminution」だけ。あとの曲は、よく、分かりませんでした…。

二部は、一部とはうって変わって、「TV放送してほしい!」と思うようなとっても素敵な素晴らしいステージでした。

最初に、播磨 麻耶さんによる、オープンエイジエリアオーディション課題曲「軌道」の演奏がありましたが、プログラムで、作曲者の方のお名前を見てとても懐かしい思いがしました。子供時代、ジュニアオリジナルコンサートによく連れて行ってもらいましたが、この作曲者の方(大竹 くみさん)がショートパンツをはいて、のびのびと元気良く自作曲を演奏していらした姿がとても強く印象に残っています。演奏前に客席からステージに登場されましたが、子供時代そのままのイメージの方でした。コンクールの課題曲を作曲されるような、立派な作曲家になられたのですね。今回の課題曲は、編曲者・演奏者によって色々な解釈が出来るように等、工夫されたそうです。

次の即興コーナーは、各エイジグループの1位受賞者の、コンクールオーディションでの即興演奏の音源を聴きながら、各演奏者がその時の即興演奏について語る、というもので、配布されたプログラムに載っている各モチーフを見ながら聴きました。演奏グレード上級試験で行うモティーフ即興を発展させた作り方で、これはとても勉強になりました。即興演奏は、その人の音楽性・音楽能力のすべてがよく分かりますね。

播磨 麻耶さんが今日のコンサートのために選曲・編曲したというラフマニノフのヴォカリーズは、生チェロとエレクトーンの共演。チェロ奏者の水谷川優子さんは、チェロを弾いている姿がとてもよく似合う方で、演奏ともども、これは、本当に美しかったです。
コンクールで優勝するには、エレクトーン1台での作曲・編曲だけではなく、他の楽器とのアンサンブルも書けなくてはいけないのですね(当然ですね)。

最後の「威風堂々」のアンサンブルは、3人ともとても堂々とした弾きっぷり。エレクトーン音楽の将来を背負っていく人たちだと思いますが、間違いのない人たちを選んだなあ、と思いました。威風堂々と歩いていって欲しいと思います。

2006年はクラシック様式以外(A部門)でのコンクール。こちらの方が、本来の私の中にある音楽に近いかもしれないですね。

帰りがけロビーで、子供の頃一緒にグループレッスンをしていた人ではないか? と思われる人を見かけましたが自信が無かったので声をかけられませんでした。皆さん、この世界から離れられないのでしょう。

今日のコンサートで、「私の中には、”音楽”という植物がずっと前から生えていて、それはこれから先もずっとなくならないもので、最近は、水も、ポカポカの日光も、栄養たっぷりの良質の肥料もたくさん与えてもらって、葉っぱは青々、生き生きとしているなー」と実感しました。いつか”花”が咲くといいな…。







******************************
楽器を探しています!
「五嶋みどり♪ミュージック・シェアリング」では、今春スタート予定の「養護学校特別プログラム」(仮称)で子供たちが使用する楽器を探しています。
http://www.musicsharing.jp/news.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
記事参照数トップ10(2005年5月〜2006年11月):2007年1月2日時点
自分が行けなかった(行かなかった)コンサートの感想文やレポートを、他の方のブログで読んでとても楽しめ、また、有難かったので、自分も出来たらいいなと思ったことと、私がブログを始めた2005年は、日本で急速な勢いでブログを持つ人が増えていた時だった、ということもあり、私もその時流に乗って始めてから約一年半が過ぎました。この辺で、一度振り返ってみようと思います。 ...続きを見る
iceskateのコンサートメモ
2007/01/07 20:24
YEC2006 ウィナーズコンサート 〜選ばれし才能の競演〜(東京)
2/25(日)    SHIBUYA-AX(SOLD OUT) ...続きを見る
iceskateのコンサートメモ
2007/03/11 23:01

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
ヤマハエレクトーンコンクール2005 Winners Concert (東京) iceskateのコンサートメモ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる