iceskateのコンサートメモ

アクセスカウンタ

zoom RSS 2006都民芸術フェスティバル助成公演 室内楽・シリーズNo.5「大公とます」室内楽の夕べ

<<   作成日時 : 2006/03/04 22:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

2月21日   東京文化会館小ホール

ピアノ:小山実稚恵さん   ヴァイオリン:堀 正文さん   
チェロ:藤原真理さん     ヴィオラ:川本嘉子さん   コントラバス:池松 宏さん

ベートーヴェン:ピアノ三重奏曲第7番 変ロ長調 作品97「大公」
シューベルト:ピアノ五重奏曲 イ長調 D.667 作品114「ます」

出演者の一人が家族と知り合いであり、そういったご縁もあり出かけました。会場は満席。堀さんと池松さん意外は、今回生では初めて聴く方々です。

藤原真理さん著の「チェロ、心の旋律」という本を2ヶ月ほど前に読みました。チャイコフスキーコンクールの時のことなども詳しく書かれており大変興味深かったです。
チェロと言えば…、余談ですが、ここ数年クラシックのコンサートにたくさん通うようになってから、生楽器がとても触ってみたくなり、たまたまヤマハの「チェロ無料体験レッスン」のちらしを見つけたので、昨年行ってみました。
この時、チェロの楽譜はへ音記号だ、ということなどを初めて知りました。レッスンは、ピチカートでキラキラ星を演奏できるようになったところで終了しそうだったので、「弦をこすってみてもいいですか?」とリクエストしてみましたが、お高い楽器だったらしく、残念ながらさせてもらえませんでした…。とても新鮮な体験でした。

さて、1曲目は、私がいつもあまり魅力を感じないベートーヴェン…。ピアノ、ヴァイオリン、チェロのみの演奏。

2曲目には、ヴィオラとコントラバスが入りました。コントラバスが入ると、音域が広がって音楽がぐっと面白くなりますね。コントラバスを眺めていたら、なぜかジャズが聴きたくなりました。
こちらの曲はとても面白かったです。







*******************************
楽器を探しています!
五嶋みどり♪ミュージック・シェアリングでは、今春スタート予定の「養護学校特別プログラム」(仮称)で子供たちが使用する楽器を探しています。
http://www.musicsharing.jp/news.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
2006都民芸術フェスティバル助成公演 室内楽・シリーズNo.5「大公とます」室内楽の夕べ iceskateのコンサートメモ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる