iceskateのコンサートメモ

アクセスカウンタ

zoom RSS ロストロポーヴィチ 人生の祭典(ロストロポーヴィチ80歳記念 ドキュメンタリー映画)

<<   作成日時 : 2007/05/04 17:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

5月3日        

私がロストロポーヴィチさんを知ったのは、子供の頃聴いていた、ヤマハジュニアオリジナルコンサート優秀作品集のレコードの中の、「指揮はムスティスラフ・ロストロポーヴィチさんです。」というナレーションが最初でした。後に世界的なチェリストでもあると知りました。以来、このJOCをはじめ日本の音楽教育に多大なる貢献をして下さった方、ということでお名前を存知上げておりました。
この映画のチラシをもらい楽しみに出かけようと思っていたところ、お亡くなりになった、とのニュースを知り大変残念に思いました。数年前の美智子皇后のお誕生日のお祝いに行われたチャリティーコンサートが、ロストロポーヴィチさんのチェロ演奏を聴く最初で最後の機会となってしまいました…。温厚で穏やかな感じのお見かけからは意外なほどの、とても”激しい”チャイコフスキー「弦楽セレナーデ」だったのをよく覚えております。

お亡くなりになった、ということで、この日は、黒地に「жизнъ(人生)」と書かれたTシャツに、黒のジャケットを着て行きました。(そうしたらパンフレットに「ジーズニ」という言葉が出てきてビックリ…。)
パンフレットは立派なもので、まだ全部読んでいませんが、その中の「ロストロポーヴィチさんは若い頃には作曲もしていたけれど、プロコフィエフさんとショスタコーヴィチさんという師と出会って、二流の音楽を書く作曲家を増やしてはならない、と演奏家に専念された。師と同じ事をしてはならない、ということがロストロポーヴィチさんの教育方針」というところがとても印象に残るとともに、驚きました。

ロストロポーヴィチさんは、お父様がチェリスト、お母様はピアニストというご家庭にお生まれで、赤ちゃんの頃の寝床はチェロケースとか…。
又、奥様が著名なオペラ歌手でいらしたことは、この映画で初めて知りました。

又、つい先日行ってきた楽友協会 黄金の間(http://34402263.at.webry.info/200704/article_5.html)での、小澤征爾さんとウィーンフィルとのリハーサルの様子もたくさん収録されていて大変興味深く嬉しかったです。

もう1回見たいです。
そして、ご冥福をお祈りいたします。

【関連のニュース】
http://ameblo.jp/oono-n/entry-10031966040.html
http://ameblo.jp/oono-n/entry-10029202221.html




♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
ロストロポーヴィチさんが亡命時代に日本で立ち上げたヤマハ音楽教室 マスタークラスなどから選ばれた出演者によるスペシャルコンサート、ヤマハ・ガラ・コンサート 2007が下記の通り開催され、今回は、沼尻竜典さん指揮・日本フィルハーモニー交響楽団との共演で、ヤマハ音楽教室出身で国際的に活躍する三浦友理枝さんがピアノ協奏曲を演奏されるそうです。

日 時 :6月7日(木) 開場:17:45 開演:18:30
会 場 :Bunkamura オーチャードホール
詳しくはこちら→http://www.yamaha-mf.or.jp/joc/joc_gala2007/index.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
映画「神童」
5月5日     公式サイト→http://www.shindo-movie.jp/ ...続きを見る
iceskateのコンサートメモ
2007/05/13 22:15

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
私がロストロポーヴィチさんを聴いたのはリトアニアバレエ団の「ロミオとジュリエット」でした。2001年春、東京文化会館にて、チェロではなく指揮です。そう、テレビにてハイライトで放映されましたので、iceskateさんもご覧になってるかも。

生チェロは聴いた事ありませんが、CDではドヴォルザークのチェロ協奏曲、そう「ドボコン」がお気に入りです。まだまだご活躍されても良いお年かと思いましたので本当に残念でなりません。ご冥福をお祈り致します。
Hiroko
2007/05/18 22:03
あ〜、リトアニアバレエ団の「ロミオとジュリエット」、見ていませんでした…。バレエの指揮もなさっていらしたのですね。
この映画は、80歳のお誕生日パーティーのシーンで始まりますが、その登場される方々がスゴイ(ロストロポーヴィチさんのご生前の交友関係がわかります)です。
iceskate
2007/05/19 01:56

コメントする help

ニックネーム
本 文
ロストロポーヴィチ 人生の祭典(ロストロポーヴィチ80歳記念 ドキュメンタリー映画) iceskateのコンサートメモ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる