iceskateのコンサートメモ

アクセスカウンタ

zoom RSS 西本智実&アナスタシア 〜ロシア皇帝の至宝展記念コンサート〜

<<   作成日時 : 2007/05/18 00:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

5月15日(火)    すみだトリフォニー大ホール

ヴァイオリン:アナスタシア・チェボタリョーワさん
演奏:東京交響楽団

【西本智実さんセレクションの曲目】
チャイコフスキー:バレエ組曲「眠れる森の美女」より
            プロローグ 金と銀 ダイアモンド 
リラの精のバリエーション コーダ
チャイコフスキー:ワルツ・スケルツォ  
チャイコフスキー:バレエ組曲「白鳥の湖」より
            白鳥のグランアダージョ ロシアの踊り
アーラ・パブロワ:バレエ組曲「スラミス」(日本初演)
            http://www.naxos.co.jp/title.asp?sno=8.557674&cod=3971
ムソルグスキー:展覧会の絵より
            プロムナード バーバヤーガ キエフの大門

http://www.tbs.co.jp/event/consert_kremlin.html

とても幸せで充実した一時でした。
プログラムも豪華で素敵なこと! しばらく飾っておきたいですね。

「眠れる森の美女より」は、ムソルグスキー記念 サンクトペテルブルク国立アカデミックオペラ・バレエ劇場の来日公演(http://34402263.at.webry.info/200601/article_3.html)を思い出しながら聴いていました。

アナスタシアさんはウェディングドレス? 白鳥?といった真っ白な素敵なドレスで登場。生で聴くのは久しぶりですが、彼女のヴァイオリンの音色、大好きです。ヴァイオリンを弾いている姿のとても似合う方ですね。

「ワルツ・スケルツォ」は、初めて生で聴く曲だと思われたので、そういえば上原彩子さんの「グランド・ソナタ」のCD(グランド・ソナタ)に入っていたなあ、と思い出し、予習(?)のつもりで聴いていきましたが、今回の「ワルツ・スケルツォ」とは別の曲でした…。これはこれで、ヴァイオリンとオーケストラの曲として、どこかで聴いたことのある曲でした。(チャイコフスキーさん、「ワルツ・スケルツォ」というタイトルで複数作曲されたのですね…。)

やっとやっと西本さん指揮の「白鳥の湖」を生で聴くことができました!今回は部分的でしたが、ぜひぜひ、(できればロシアのオーケストラで)全幕分聴いてみたいです。(バレエ付きだったら一層嬉しいです!)

「スラミス」は、今回、日本初演ということで、とても楽しみにしていました。今回聴いて、気に入ったらCDを買おうと思っていた(笑)ので初めて聴いたのですが、スケールも大きく、プログラムにあるバレエのストーリーの情景が目前に浮かんできました。”愛は何にもまして強く美しい”という、女性が好む(み易い?)ストーリーに、「女性が作曲した〜」、という感じのするメロディーが光っていて、とても新鮮で面白かったです! CD買います!(笑)
会場に作曲者であるアーラ・パブロワさんがいらしていました。
こういった、日本ではまだ演奏されていない曲や、なかなか日本では演奏される機会の少ない名曲などを、これからもたくさん聴きたいな、と思います

「展覧会の絵」は、いつもの西本さんのカッコイイ指揮と演奏で存分に楽しめ、「ロシア皇帝の至宝展」に行くのが更に楽しみになりました。
「キエフの大門」、いい曲ですよね〜。いつか自分でも演奏してみたいと思っています。
グランド・ソナタ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
今回は、リラックスして聴ける曲目でしたね。「ワルツ・スケルツオ」は、ヴァイオリンの小品集のCDに入っているかもしれません。ピアノの伴奏版もあると思います。
私も、西本さんの指揮で、チャイコフスキーの3大バレエの全曲版をぜひ聴いてみたいです。
今回の東響は、とても綺麗に鳴っていました。
kazu
2007/05/18 10:31
kazu様、コメントを有難うございました。
今回コンサートで聴いた方の「ワルツ・スケルツォ」、ピアノ伴奏版のCDも探して、オーケストラ伴奏版と聴き比べしてみようと思います。
そういえば、kazuさんもムソルグスキー記念 サンクトペテルブルク国立アカデミックオペラ・バレエ劇場の「眠れる森の美女」をご覧になられていましたよね。最近はバレエの観客のマナーも良くなったように思います。
iceskate
2007/05/18 12:13
こんばんは。
BBSにお知らせをいただきまして有難うございました。バレエ音楽の数々を堪能出来たようで何よりです。「眠り」のパ・ド・カトルは踊った事のある思い出の曲です。「スラミス」はスケールの大きい女性好みの曲でしたか! 私もCDを買ってみようかしら。西本さん、カッコ良いですね、私も生まれ変わったら、指揮者やってみたいです(笑)

iceskateさんのブログをお気に入りに登録させていただきました。宜しくお願いいたします。また来ますね!
Hiroko
2007/05/18 21:21
Hiroko様、本日はたくさんのコメントをありがとうございました。
「スラミス」は、女性好みの曲、というか、こういうストーリー(情景)を曲で描く時に、男性だったらこういう風にはならないのではないかな?などと感じるところがありました。いずれにしても、1回聴いただけでは消化不良気味(笑)なので、CDでもっと味わってみようと思います。
Hirokoさんはご自身がバレエを踊られる方なのですね。
iceskate
2007/05/19 01:25
いえいえ。
踊っていたのは昔で、今は踊ってないのですよ〜(笑)
Hiroko
2007/05/19 21:05
Hirokoさま、私もバレエを踊っていたのもアイスダンスを踊って(滑って?)いたのも昔です(笑)。
バレエといえば、この下の「海賊」の記事のアクセスが金曜日から急騰し、何事かと思いましたら、熊川さんが本番中にお怪我されてしまったのですね…。まだまだダンサーとしての熊川さんを見たいと思いますので、完治されての復帰をお祈りしたいと思います。
iceskate
2007/05/20 11:16

コメントする help

ニックネーム
本 文
西本智実&アナスタシア 〜ロシア皇帝の至宝展記念コンサート〜  iceskateのコンサートメモ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる