iceskateのコンサートメモ

アクセスカウンタ

zoom RSS 熊川哲也 Kバレエカンパニー「ドン・キホーテ」

<<   作成日時 : 2007/08/05 16:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

7月17日     新国立劇場 オペラ劇場

キトリ:吉田都さん
バジル:スチュアート・キャシディさん
ドン・キホーテ:ルーク・ヘイドンさん
ガマーシュ:サー・アンソニー・ダウエルさん
サンチョ・パンサ:ピエトロ・ペリッチアさん
メルセデス:樋口ゆりさん
エスパーダ:宮尾俊太郎さん
ロレンツォ:デイヴィット・スケルトンさん
花売り娘:長田佳代さん・東野泰子さん
ドルネシア:天野裕子さん

芸術監督・演出・最振付・美術:熊川哲也さん
原振付:マリウス・プティパさん
照明:足立恒さん
音楽:レオン・ミンクスさん
指揮:福田一雄さん
演奏:シアターオーケストラトーキョー


「海賊」(http://34402263.at.webry.info/200705/article_5.html)の時に配布された本公演のチラシを読んで、これも見てみたい、と思い行ってきました。
「海賊」札幌公演の本番中に熊川哲也さんが怪我をされてしまい、今回の「ドン・キホーテ」はやはり全公演ご欠席でしたが、とても美しいステージで十分楽しんで参りました。熊川さんがいらっしゃらなくても満席。
(余談ですが、上記「海賊」の記事ですが、ある日、外出先でブログをあけたら、私のブログにしてはビックリの参照数になっており、それがブログをあけるたびにニョキニョキ(という感じでした)と上がっていき、「これはアクセスカウンターが何か不具合を起こしているのでは??」と思っていたのですが、家に帰って、熊川さんが本番中にお怪我をされてしまった、ということを知りました。それで、皆さん、情報を検索されたのでしょうね。それにしても、皆さんの関心がとても高いのだなー、とビックリしてしまいました。最近のアクセスはおさまりましたが、今日の時点で7001アクセス。)

さて、「海賊」に続き、又、吉田都さん主役で観ることになりました。最近、吉田都さんにスポットをあてたTV番組が多いですね。(多分)全部見ています。同世代でこんなに世界的になられた方がいらっしゃる、ということを誇らしく嬉しく思います。

3幕には、おなじみの場面がずらり…。吉田都さんの最後のターン(フェッテという?)の連続が速ーーーい! さすがに素晴らしかったです!!!

ある本に、「ロシアバレエ界のバレエ伴奏音楽の作曲家の筆頭がミンクスさんで、もっとバレエ音楽を芸術的なものに、ということで起用(?)されたのがチャイコフスキーさんだった。」といったことが書かれていました。バレエを踊るために書かれた曲なので、踊り易いのでしょうね、「ドン・キホーテ」はフィギュアスケートでもとてもよく使われますね。見栄えもしますし、私は大好きです。

カーテンコールは6〜7回あったでしょうか? 途中から熊川さんも、不完全でしたが歩いて登場されました。公演初日の大成功、おめでとうございます!






**************************
企業のCSRモニター募集:
詳しくはこちらへ→https://ssl.fbmanager.jp/monitor/

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
熊川哲也 Kバレエカンパニー「ドン・キホーテ」 iceskateのコンサートメモ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる