iceskateのコンサートメモ

アクセスカウンタ

zoom RSS プリンスアイスワールド2007 東京公演

<<   作成日時 : 2007/09/02 22:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

8月26日   16時開演の部   ダイドードリンコアイスアリーナ
http://www.princehotels.co.jp/iceshow/index.html

入り口付近に、Tシャツ、クッキー、荒川静香さん直筆イラスト入りのケータイストラップ等、数年前にはなかったオリジナルグッズ類がありビックリ。そして、これも数年前には無かったと思いますが、「プレス受付」。最近のフィギュアスケート人気で随分とショー自体の注目度が変わりましたね…。この日は(も?)立ち見も含む満席。

それで、最近はTV放送されるようになってきたので基本的には見に行っていないのですが、今回は、いつも忘れた頃(!)に日本にやってくる、長野オリンピック金メダリストのイリヤ・クーリックさんがゲストで出演ということで、これは久しぶりに生で見なければ!、ということで行ってきました。

長野オリンピック前年くらいからファンになり、金メダルを取ってからは、彼の出演するアイスショーや試合を見るために、ちょっと週末アメリカへ…(その頃、日本にはアイスショーや試合が少なかった)、なんていうことをやっていましたが、あの頃は、米国経済は絶好調、世界は今よりもずっと平和でした…。
そうこうするうちに、自分でも滑ってみたくなってきて、学生の頃の体育の成績を忘れ(!)、スケート教室へ通い始めました(笑)。そのうち、自分のスケートがだんだん面白くなってきて、「見る」ことから「滑る」ことの方に興味が移った、ということもあり、イリヤ君のファンクラブ(http://www.kuliks-krew.com/)は引退したわけですが、ファンクラブ在籍中には、アメリカ人を中心とするクラブ役員やボランティアの方々には、大変にお世話になりました。世界中から集まってくるファンたちを、よくとりまとめて、面倒をよく見てくださったものです。アメリカ人やカナダ人のボランティアというのは、ここまでやるものなのかと、そのプロフェッショナルな組織力とアットホームな対応には感心し、色々なことが勉強になったものでした。(結構ご年配のバリバリのキャリアウーマン、といった方々が役員をされていて、そういった意味でも、アメリカ社会というものに触れられたように思います。)
ファンクラブ引退後は上記オフィシャルサイトもほとんど見ていなかったのですが、先日久しぶりに行ってみると、幸せそうなご家族のインタビュー記事などもリンクされていますね(まだ全部読んでいませんが…)。お子様も、アッという間に”赤ちゃん”から”子供”になっていて、私もオバサンになるわけだ…、としみじみ思いながら写真を眺めました。又、一時期一生懸命翻訳して作っていた日本語サイトも、今はどのようになっているのでしょうか…?

…ということで、非常に懐かしい”ご人”の出番は今か今かと待って、何と今回は一部の最後に一曲だけ!! しかも、おひげ付き!! 王子様はどこへ!?(笑)。
…長野オリンピックから早9年、当時20歳の青年も、当然ながら29歳。それなりになった、ということなのでしょうか…?当時の面影はあるけれど、やはりオジサンになったなあ〜。
プログラムも今ひとつインパクトが弱かったですけれど、筋肉的にはまだまだ大丈夫そうに見えたので、将来、又きっと素敵なプログラムを見せてくれることを期待したいと思います。
イリヤ君の現役時代のトリプルアクセルは、世界一高く、美しかったと思います。あまりオジサンにならないうちに、また、あのトリプルアクセルを見たいなー、と思います。

さてさて、ショーのその他に部分については、オープニングの後、いきなり荒川静香さんと本田武史さんのコラボレーションで「ウエスト・サイド・ストーリー」。内容豊富でとても美しく素敵なコラボレーションでした。荒川さんは動きの一つ一つが音楽を奏でている、という感じで、表現力が一層増したように見えました。そして、日本の選手で、世界レベルで戦えるのは本田選手だけ、という時期がとても長く、長い間、日本開催の国際大会では必ず見ていた選手でしたので、引退はとても寂しかったですが、こうしてまた、ショーで本田さんのスケートが見られるのは嬉しいことですね。来年にはパパになられるそうで、おめでとうございます!

グループスケーティングは相変わらずで、トップスケーターの間の中休み、といった感じでした…。

そして、プリンスアイスワールドの宝、レオノワ&コワルコペア。昔からこの組だけは、世界トップレベルの演技を見せ続けてくれていました。八木沼純子さんもそうですが、どんな環境であっても、自分たちが内容の良い仕事をしていれば、そのうちに、周りのレベル(環境)もそれに見合って上ってくるものだ、といったことを教えていただいたような気がします。今やこのアイスショーも、世界トップクラスのスケーターをゲストに呼び、チケットは完売(海外からもこのショーを見にこられる方もいらっしゃり)になる状況になりましたね。

どんな音楽でも滑れる八木沼さんは流石。スピードもあるし、まだまだジャンプも跳べますね。大島さんとの「雪の華」もとっても素敵でした。

本田さんのソロも素敵でした! 演技中に随所で拍手が沸き起こりましたが、イーグルが特に美しかったです。

今年から(?)このショーのチームに加わった恩田さんのソロは、以前に伊藤みどりさんがこのショーで滑られていたのと同じだったような…??

そして、中野友加里選手の、技を全て盛り込んだような、勢いと表現力豊かな演技は、(私の中での)今日の一番!でした。

高橋大輔選手のソロもありましたが、今一つ印象に残りませんでした。
ラストは、荒川さんのポップス風「喋々夫人」。車のコマーシャルでおなじみの曲ですね。

会場の東伏見アイスアリーナには、仕事の帰りに、重たくて大きな荷物(スケート靴とウェア)をゴロゴロしてアイスダンスのセッションによく通っていました。(私が通いはじめたころは西武の持ち物でしたが、ここ数年の間に、サントリー→ダイドードリンコと持ち主がよく変わりますね…。)アイスショーの時には、いつものリンクが見違えるほどきれいになり、とても広く感じます。
以前には、ちょっとスケート前に腹ごしらえするところも近くに無かったのですが、最近は少し開けてきたようですね。

…ということで、来年もイリヤ君がうっとりするようなプログラムを持って来日してくれると嬉しいな〜、と思いながら帰途につきました。







***********************
カンボジアの子供たちを応援しています。
NPO法人「かものはしプロジェクト」
http://www.kamonohashi-project.net/mission/
職場で紹介のあったNPO法人です。
ぜひ活動内容をご覧頂き、ご協力頂きたいと思います。
宜しくお願い致します。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
Christmas on Ice 2007
12月22日   5時開演の部  新横浜プリンスホテルスケートセンター 公式サイト→http://www.xmasonice.com/ ...続きを見る
iceskateのコンサートメモ
2008/01/02 18:33

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
プリンスアイスワールド2007 東京公演 iceskateのコンサートメモ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる