iceskateのコンサートメモ

アクセスカウンタ

zoom RSS 山形由美とヴェネツィアの仲間たち

<<   作成日時 : 2007/12/11 10:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

12月3日 世界障害者デー  難民を助ける会 チャリティーコンサート
横浜みなとみらいホール 大ホール  

ピアノ:パオロ・コニョラートさん(ヴェネツィア室内合奏団)
チェロ:ダビデ・アマーディオさん(ヴェネツィア室内合奏団)

《第一部》
1.ロッティ:ソナタ ト長調 (フルート、チェロ、ピアノ)
2.ドニゼッティ:フルート・ソナタ ト短調 (フルート、ピアノ)
3.パガニーニ:ヴラブ−ラ変奏曲 (チェロ、ピアノ)
4.ハイドン:トリオ ニ長調 (フルート、チェロ、ピアノ)

《第二部》
1.ドップラー:ハンガリー田園幻想曲 (フルート、ピアノ)
2.ポッパー:タランテラOp.33 (チェロ、ピアノ)
3.ドビュッシー:夢 (フルート、チェロ、ピアノ)
4.サティ:ジュ・トゥ・ヴ (フルート、チェロ、ピアノ)
5.ヴィラ=ロボス:ジェットホイッスル (フルート、チェロ)
6.バッハ=グノー:アヴェ・マリア (フルート、チェロ、ピアノ)
7.チャイコフスキー:花のワルツ (フルート、チェロ、ピアノ)

《アンコール》
1.マルチェロ:ヴェニスの愛
(これは、2006年〜2007年のジルベスターコンサート(http://34402263.at.webry.info/200701/article_1.html)で聴いた「オーボエ協奏曲 第2楽章」と同じ曲。)
2.クリスマスの曲メドレー

最初に主催者のご挨拶。このコンサートの収益は、難民を助ける会が海外で実施している車イス製造・普及や障害者のための職業訓練等に活用されます。
「難民を助ける会」のホームページ(http://www.aarjapan.gr.jp/)をご覧頂き、活動にご協力いただければと思います。

山形由美さんはTVでよく存じ上げておりましたが、生演奏を聴くのは初めてで、チャリティーコンサート、ということもあり行って来ました。
しかし、例によって(?)、また予習をすっかり忘れており、初めて聴く曲がたくさんでしたが、山形さんによる簡単な曲目についてのお話が都度ありましたので、十分楽しめました。

三人の演奏者個々人が素晴らしい音楽性のある方々で、とても息の合った、聴衆を惹きつける演奏で、忙しさ極まる年末に、ホッと休まる一時を過ごせました。
(ピアノのパオロさんとチェロのダビデさんは、義理のご兄弟だそうです。)

二部のドビュッシーとサティの曲は、特に素晴らしく歌心あふれる、本当に素敵なアンサンブルでした。

「ヴィラ=ロボス:ジェットホイッスル」はフルートとチェロのために書かれた、という珍しい曲だそうで、超絶技巧のオンパレードのようで難しそうでしたが、とっても惹きつけられる演奏で楽しめました。フルートの穴をすべてふさぎ、息を思いっきり吹き込む、という珍しい奏法もありました。

山形由美さんは、私より少し(?)年上だと思いますが、こういう風に年をとって行きたいな、と思わせる方ですね。

今回のチャリティーコンサートの趣旨にふさわしい、とても心のこもったコンサートでした。休憩時間に募金もしましたし、これで、良い新年が迎えられるかな…。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
山形由美とヴェネツィアの仲間たち iceskateのコンサートメモ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる