iceskateのコンサートメモ

アクセスカウンタ

zoom RSS BBCフィルハーモニック 首席指揮者:ジャナンドレア・ノセダ 2008年日本公演

<<   作成日時 : 2008/05/25 22:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

(*やっと、少し記事を書ける時間が出来ました…。)

3月13日    サントリーホール

ヴァイオリン:ヒラリー:ハーンさん

ストラヴィンスキー:バレエ音楽「妖精の口づけ」より ディヴェルティメント
シベリウス:ヴァイオリン協奏曲 ニ短調 Op.47
チャイコフスキー:交響曲第6番 ロ短調 Op.74「悲愴」
http://www.japanarts.co.jp/html/2008/orchestra/BBC/index.htm

大好きな「チャイコフスキー:交響曲第6番」が聴ける!、ということと、ヒラリー・ハーンさんの演奏をぜひ生で聴いてみたい、と思っていたので、とても楽しみにしていたコンサートでした。

この日は客層がとても良く、日本にもこんなにたくさんインテリの方々がいらっしゃったのね〜、という印象でした。洗練された、いかにも高収入のダンナ様&美人奥様、という感じの若いカップルや、ヴァイオリンを抱えた学生さん等も多く、満席。クラシック音楽の好きの某女性ジャーナリストの方もいらしていました。

オーケストラの方々は、ステージでとてもリラックスして練習している様子。

席はP席1列目。近い楽器のパート譜もよく見え、1曲目が終わった後の拍手前か拍手中に、もう次の曲の楽譜に皆さん置き換えていたのが見えたり、舞台そでまでちょっと見えたり、色々と面白かったです。そして、管楽器と弦楽器の間に、透明の板があるのを見たのは初めてでした。
そして、チューニングが終わってからコンサートマスターが登場するのを見たのも初めてでした。

ノセダさんは、3曲とも棒なしの指揮。そして、指揮中に「トントン、タンタンタン」という声(息の音)がよく聴こえていました。

オーケストラは、さすがに、安心して聴いていられる、素晴らしい音色と演奏。

ヒラリーさんは、色白で小柄でお綺麗な方ですね。あまり体やヴァイオリンを動かさずに弾く方で、ちょっと音がかすれたり、というようなアナログっぽいところが全くと言ってよい程無く、完璧な演奏と音。「どうしてそんな完璧な音が出せるのですか?」という感じで、まるで電子楽器のヴァイオリンの音で演奏しているものを聴いているようでした。
オーケストラのみのところは、オーケストラの方を見て、一緒に心の中で歌っている様でした。
カデンツァもたくさんあって、ヒラリーさんの演奏がたっぷり聴けて、良かったです!
何度もコールされ、割れんばかりの拍手!
「バッハのサラバンドです。」と、アンコール曲を自分で日本語で紹介。
(アンコールの間、ノセダさんはオーケストラの空き席へ着席。)
とにかく、素晴らしい演奏でした。

*この日のヒラリーさんの日記→http://www.hilaryhahn.com/journal/031308.shtml

「チャイコフスキー:交響曲第6番」は、前述したノセダさんの「トントン、タンタンタン」が結構耳障りでした…。作曲者に無断で(?)、余計な音符はつけて欲しくないな〜、と思います。
コンサートマスターの弓の動きも非常に激しく、オーケストラの皆さんがとても一生懸命に(必死に?)演奏して下さっているのがよくわかりました。必死…、そういう曲ですよね…。改めて、この曲は”スゴイ”曲だな、と思いました。
楽章間のお休みはほとんど無し。3楽章の後の拍手もさすがに無く、4楽章後も、ノセダさんの両腕が降りてから、いいタイミングで拍手。

(余談ですが、少し前に、NHKで小澤征爾さんの特集番組が放送され、その中でこの曲を指揮された演奏がありました。お年を召されたのか(?)、今までに聴いたことが無いような、ずいぶんと”穏やかな”「チャイコフスキー:交響曲第6番」で、これは意外でした。)

さて、終演後、せっかくですので、長い長い列に並び、結構帰りが遅くなってしまいましたが、プログラムにヒラリーさんのサインを頂きました。本当に聡明で、感じの良い方ですね。今回生演奏を聴くことが出来て、本当に良かったです。また、CDで、そして来日の際には伺いたいと思います。









♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
タイのミャンマー難民キャンプに古着を送ってください。

「わかちあいプロジェクト」では、これまでタンザニアやエリトリアなどのアフリカ諸国の難民キャンプ等へ送ってきたそうですが、今年は、15万6千人が生活しているといわれるタイのミャンマー難民キャンプに全ての古着を送ることになっているそうです。
特に赤ちゃん、5歳以下の幼児、子どもたち(5歳から15歳)の衣服がなくて困っているそうです。
【詳細】 次のURLをご覧ください。 http://www.wakachiai.com/wp/clothes/index.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
BBCフィルハーモニック 首席指揮者:ジャナンドレア・ノセダ 2008年日本公演 iceskateのコンサートメモ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる