iceskateのコンサートメモ

アクセスカウンタ

zoom RSS 西本智実「新世界」ツアー2008 with モンテカルロ・フィルハーモニー管弦楽団〔Aプロ〕

<<   作成日時 : 2008/07/28 23:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

6月28日    みなとみらいホール

ビゼー:「カルメン」第1組曲
ショパン:ピアノ協奏曲 第1番 ホ短調 作品11
ドヴォルザーク:交響曲 第9番 ホ短調 作品95「新世界より」
〔アンコール〕ビゼー:「アルルの女」組曲 第2番から”ファランドール

ピアノ:関本昌平さん

この日は、モナコ定期(http://34402263.at.webry.info/200806/article_5.html)の時と同じコンサートミストレス。日本公演は違うコンサートマスターでの演奏も聴けて良かったです。

西本さん指揮の「カルメン」第1組曲は今回初めて聴きました。そして今度は、西本さん指揮のオペラ「カルメン」がぜひ観たいな〜♪、と思います。

関本昌平さんの演奏もさすがにブラボー!!!!! 満足でした。
(アンコールは、ショパンさんのポロネーズ 第6番 変イ長調 作品53「英雄」。)
そして西本さん指揮のショパンさんの曲も、私は今回初めて聴きましたが、とっても素敵でした(似合っているなあ、と思いました)。今後も、たくさん聴きたいと思います。

〔Aプロ〕の方が重たい感じですね。

このツアーのソリストはお2人とも、素直でとても立派な”いい”演奏をされたなあ、と思います。ギターからもピアノからも、とっても”いい音”が出ていて、とても清清しい音楽を聴かせてもらった、という感じがします。

そしてこのコンサートが、モナコ公演から続く、私の「新世界」ツアーの最後の公演となりました。
「新世界より」の演奏が進むにつれ、「これを聴くのももう最後、終わらないで…。」と祈るような気持ちで聴いていました。

アンコールの「アルルの女」も、この日も名演!!!
もう、会場の明かりが点いているのに鳴り止まない大拍手!!!

このオーケストラのコンサートは、いつも全曲名演なので、いつもとても濃密な時間を楽しませていただきました。
モンテカルロ・フィルハーモニー管弦楽団の皆さまには、ぜひ、毎年でも来日していただきたいと思います。
連日、本当に素晴らしい演奏を有難うごさいました。


そして、ふっと思ったのですが、モンテカルロ・フィルハーモニー管弦楽団(この”音色”)で、西本さんの指揮で、チャイコフスキーさんの曲を聴いてみたいな〜、どんな風になるか、面白いのではないかな〜?、などと思いました。
イメージとして浮かんだのは、明る目の「弦楽セレナーデ」や「(くるみ割り人形の)花のワルツ」などで、素敵になるのではないかな〜、などと想像…いたします。











♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
中村紘子さんとN響メンバーによる「難民を助ける会」チャリティーコンサートのお知らせ

【日時】2008年10月8日(水) 午後7時開演(午後6時15分開場)
【場所】 サントリーホール 大ホール

”予定”曲目:
シューベルト/ピアノ五重奏曲 イ長調 D667 Op.114「ます」
ショパン/ピアノ協奏曲第2番 ヘ短調 Op.21(弦楽五重奏版) 他

詳細・チケット申し込みはこちらへ↓
http://www.aarjapan.gr.jp/lib/event/event0810-1nakamurahirokoconcert.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
西本智実「新世界」ツアー2008 with モンテカルロ・フィルハーモニー管弦楽団〔Aプロ〕 iceskateのコンサートメモ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる