iceskateのコンサートメモ

アクセスカウンタ

zoom RSS 《DVD》Dmitri Hovorostovsky 「In Concert (1998)」

<<   作成日時 : 2008/09/16 01:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

こちらです。↓
http://www.amazon.co.jp/Concert-Modest-Petrovich-Mussorgsky/dp/B0009CTTWO/ref=pd_sim_m_4

パリ・オペラ座で、残念ながら生のお声を拝聴できなかったHovorostovskyさん(http://34402263.at.webry.info/200807/article_4.html)。あまりお年をめされないうちに、ぜひ生で聴きたいと思います。
そして我が家にはどんどんCDやDVDが増えていますが、これはそのうちの一つ。カナダのオーケストラのピクニックコンサートのような感じのコンサートのソリストとして登場されています。指揮は、大好きな指揮者の1人であるシャルル・デュトワさん(この方も生で聴いたことが無いのですが、そのうちに、と思っています)。皆さんTシャツなのに、Hovorostovskyさんだけ正装。

Hovorostovskyさん、本当にいい声ですね〜。とっても自然な感じで、全く安心してうっとり聴けます。絶対に失敗が無く、音が外れる、なんて事は絶対に無し。そして息が長ーーーーーい!!ですね。
この方が歌っていると、全曲とても良い曲に聴こえますが、「黒い瞳」は特に最高! やはりこれは”ロシア人”の歌なのですね。こんなにいい曲だったでしょうか。

そして、「ドン・カルロ」の後、大拍手とスタンディングオヴェーション!! 本当にパリで「ドン・カルロ」が聴けなかったのは、残念でした…。

「フィガロ、フィガロ、フィガロ、……」も、毎度声色が全然違い…。この曲の後も大拍手とスタンディングオヴェーション!

オペラ以外の歌でも、顔の表情や振りなどがオペラの時の様な表現なのですね。
オーケストラだけの「ローマの松」も、素晴らしい熱演!です。

素晴らしい演奏の連続に、何度も見直したくなる(聴きたくなる)DVDです。







♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
英語版ブログを開設しました。→http://iceskate-iceskate.blogspot.com/
私が世界へ紹介したい日本人アーチストのコンサートやCD、DVDの感想を綴った英語版ブログを開設いたしました。この日本語版ブログにある記事からセレクトしています。(まだ途中ですが、今後、書き足して行きます。)
本当に良いものは、国境を越えて広がって行くものだと信じています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
《DVD》Dmitri Hovorostovsky 「In Concert (1998)」 iceskateのコンサートメモ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる