iceskateのコンサートメモ

アクセスカウンタ

zoom RSS 東京交響楽団 東京オペラシティシリーズ 第46回

<<   作成日時 : 2008/12/23 18:08   >>

トラックバック 2 / コメント 0

12月11日    東京オペラシティ タケミツメモリアルホール

指揮:飯森範親さん      ピアノ:中村紘子さん
コンサートマスター:高木和弘さん

1.J.S.バッハ/ウェーベルン:「音楽の捧げもの」BWV1079 〜6声のリチェルカーレ
2.べートーヴェン:ピアノ協奏曲 第1番 ハ長調 作品15
3.ブラームス:交響曲 第2番 ニ長調 作品73

今年の「NHK ニューイヤー オペラコンサート」で指揮されていた飯森さんを拝見し、「最近、飯森さんのコンサートに行っていないなあ〜。」と思っていたところ、東京交響楽団さんからコンサートチラシが届き、購入したチケットがこのコンサートでした。

…ということで、「まだずっと先のコンサートだから…。」と思っていたからか、予習をすっかり忘れていました! 前日、ブラームスさんの「交響曲第1番」だけ聴いて棚に戻してたCDを、この日の朝に再び引っ張り出して通勤途中に聴いていきました。全楽章長調の、いい曲ですね!!!

(開演前、今日の演目に「第九」は無いのに、なぜか舞台袖から聞こえるオーケストラの方の練習の曲は、「第九」…。)

1曲目は室内楽の様な面白い編成で、「音楽の捧げもの」というタイトルの通り、心休まるとてもいい曲でした。早速CDを探しました!

2曲目、オーケストラもピアノもよくメリハリが効いていて、飽きさせず、”さ〜すが〜”、という演奏でした。
聴き手がどんな精神状態であろうと、忙しくてカリカリしていようと、しばしそんな事は自然と忘れ、音楽に陶酔出来る…。これが”本当の演奏会”だなあ、と思いました。
この曲がこの日の(私の中での)”1番”でした。

この演奏上の”メリハリ”。自分の演奏を客観的に聴くと、メリハリをつけたつもりが”ハズレ”ていたり、つけ過ぎだったり、ということも多く、なかなか難しいものですね。

帰りに、オペラシティ内の「面影屋珈琲店」(http://www.tokyooperacity.co.jp/commerce/rest_1.htm#omokageya)に久しぶりに寄りました。私たちより少し先に、品の良いおじい様とおばあ様が入られて、コンサートのチラシなど眺めながら、お食事をしていらっしゃいました。こういうおばあさんに成りたいな〜、と思いますね。
久しぶりに、とってもおいしいコーヒーでした。

オペラシティ内の大きなクリスマスツリーが素敵でした♪








**************************************************************
「幼い難民を考える会」は、カンボジアで、幼い子供たちと、女性の自立のために活動しておられます。
色々な協力の仕方があります。
http://www.cyr.or.jp/cooperation/

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
2009都民芸術フェスティバル助成公演オーケストラシリーズNo.40 新日本フィルハーモニー交響楽団
3月26日   東京芸術劇場大ホール(75%位の入り) ...続きを見る
iceskateのコンサートメモ
2009/04/05 00:44
Pioneer クラシック・スペシャル 第331回名曲コンサート
5月17日    サントリーホール ...続きを見る
iceskateのコンサートメモ
2009/05/30 02:01

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
東京交響楽団 東京オペラシティシリーズ 第46回 iceskateのコンサートメモ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる