iceskateのコンサートメモ

アクセスカウンタ

zoom RSS jet HAPPY LIVE 神田 将 エレクトーンコンサート 〜真夏の夕べのオペラ〜

<<   作成日時 : 2009/08/16 17:59   >>

トラックバック 1 / コメント 0

8月2日   ヤマハミュージックアヴェニュー池袋 レコーディングスタジオ

★コンサートについて:
http://www.yamahamusic.jp/ikebukuro-s/concert/index.php?mode=past_detail&id=284
*主催のjet(全日本エレクトーン指導者協会=エレクトーン個人指導者のための全国組織)について:
http://www.yamaha.co.jp/jet/

★神田 将(ゆき)さん オフィシャルサイト
http://www.yksonic.com/index.html
(プロフィールページ↓で神田さんの演奏が聴けます(下方にあります)。)
http://www.yksonic.com/profile.html

★STAGEA DAYボイス スタッフブログ等、神田さんについて書かれた記事:
http://electone.typepad.jp/stageaday/2009/04/post-f8f9.html
http://blog.livedoor.jp/ryukei2/archives/51216289.html


《当日の演奏曲目》

1.オペラ座の怪人(アンドリュー・ロイド=ウェバー)
2.組曲「動物の謝肉祭」より”白鳥”(サン=サーンス)
3.アヴェ・マリア(カッチーニ)
4.「四季」より冬 第一楽章(ヴィヴァルディ)
5.さくら(日本古謡)
6.オペラ「トゥーランドット」より”誰も寝てはならぬ”(プッチーニ)
7.レクイエム第6曲”リベラ・メ”(フォーレ)
8.リバーダンス
9.交響詩「フィンランディア」(ジャン・シベリウス)
アンコール:ルパン3世(山下毅雄)

コンサート当日、ヤマハ池袋店からのメールを読んでいて、このコンサートを発見。以前に神田さんのCDは購入したことがありました(http://34402263.at.webry.info/200809/article_2.html)が、ぜひ生で演奏を聴いてみたい、又、神田さんにお会いしてみたい、ということで、早速池袋店に電話をしましたところ、「まだチケットがあります」とのこと。急遽外出することに。

コンサートタイトルにある”オペラ”の曲は少なかったですが、お客さんのほとんどがエレクトーンの先生、という状況ですので、演奏とエレクトーンに関するお話の多いコンサートの内容としては、大変に充実したものでした。

当日演奏された曲の中で、特に印象に残ったのは「さくら」。神田さんの素敵なアレンジで、夜桜が風に吹かれてバーっと散って行く…、という、原曲から発展したイメージが加わって、とても格好良い曲となっています。終演後に購入した最新CD「Espressivo」(http://34402263.at.webry.info/200908/article_2.html)に収録されていて、今、聴きまくっています。

大好きな「アヴェ・マリア(カッチーニ)」はもちろん大満足。こちらは原曲のイメージそのままのとても素敵なアレンジで。
「レクイエム第6曲”リベラ・メ”」は、現在の音楽と通ずるものがあると感じたそうで、真ん中がロックに。
アンコールの「ルパン3世」。これは20〜30年前に、初めてご自身でアレンジをされた曲だそう。こうしたノリノリの曲が大好きな”エレクトーン少年”でいらした、というのは、同世代として容易に想像が出来ます…。


お話の中で、必ずしも、これをそのまま自分の今の演奏に当てはめられる、というわけではない事項もありますが、勉強(参考)になった、という事を以下に記録しておこうと思います。

・エクスプレッション(http://electone.jp/dictionary/dic_50e.php)はほとんど使わない。いつもMAXにしておく。ヴァイオリニストやピアニストは指先だけで音量を調節する。エレクトーンも指先(タッチ)だけでよい。

・表現上、アフタータッチ(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%95%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%83%E3%83%81)の機能はほぼいつも入れていて、これを抜く。エレクトーンの鍵盤はプラスチックで出来ているので、汗をかいた状態で滑って1音を弾き間違えると、エレクトーンでは30人分間違えたような大事件(!)が起こるので、非常に大きなリスクがあるが。

・「音の無い空間を恐れるな。」 その”間”を楽しんでしまいましょう。

・”歌”との共演で気づいたことは、「彼らは、”1音”に全てを賭けている。」

・エレクトーンはPAやアンプを通す音楽演奏する会場の方が良い音に聞こえるかと思っていたが、クラシック音楽専用ホールで(エレクトーン用スピーカーをいつも4〜6台くらい使用する)、それはそれは美しく響く。もっとそういった機会を増やしたいと思う。

・レジストレーション(http://electone.jp/dictionary/dic_50re.php)は、あまり事前に作りこみすぎず、演奏する現場での響き方等で調節出来る部分を残しておかなくてはいけない。

・演奏している時の状態として、一番参考にしているのは指揮者。指揮者は一音も出さないのに大汗をかいている。あれは大汗をかくだけのことを演奏中ずっと行っているからである。エレクトーン奏者の場合、演奏中、「次のオーボエは泣かせてくれよ。」「次の弦は美しく響いてくれよ。」等、自分に対してON-OFFの指示を出している。

・聴衆に鑑賞能力(演奏者から良い演奏を引き出す魔法)は必要。鑑賞能力の低い聴衆に、いくら良いものを聴いてもらってもダメ。

・この”jet HAPPY LIVE”、この日の前に関西3箇所で行われた。東京の方が鑑賞能力は高いが、関西の方がエレクトーンに対する盛り上がりが高い。関西の方が「エレクトーンをより愛している。」という感じがする。東京の人は「1歩引いている。」という感じ。
→この環境が、関西からの方が、良いエレクトーンプレイヤーがたくさん排出される由縁でしょうかね。(iceskate追記)

・エレクトーンの将来については、少し心配している。1人で何でも出来てしまう楽器だけに、孤立しているように思う。エレクトーンプレイヤーは演奏の練習、音色(レジストレーション)の作成、編曲…等、多くのことをやらなくてはならないが、たとえばピアニストは、その間にひたすら演奏の練習のみをし、世界に羽ばたいて行く。エレクトーンに同じ時間をかけても、エレクトーンプレイヤーがピアニストの様にはなれない。将来的には、レジストレーションを作る人、編曲をする人、演奏をする人…と、分業されて行くのではないか?

・エレクトーンの”音”に負けて、演奏者本人の存在感が無くなっている演奏をコンクールでもよくみかける。エレクトーンの世界では、エレクトーンの機能をいかに使いこなして演奏しているか、が評価されるが、エレクトーンをよく知らない聴衆には、それは全く裏方の話。いかに音楽の持つ本質を聴く人に伝えられるか、が勝負。

・よく店頭や街頭で「とにかくSTAGEAの音を聴いてもらおう。」という事で、「聴いてもらえたらラッキー!」という感じで演奏をしているのを見かけるが、もしかしたら、それは逆効果かも知れない。(初めから高品質の演奏をきちんと聴いて頂いた方が良いのではないか?)


そして以下は、神田さんご自身についてのお話より。

・「エレクトーン」=「ヤマハ」というイメージがあるが、ほとんどヤマハの仕事をしていない。エレクトーンの音、神田将の音が聴きたい、というお声がかかれば、どこへでも行く。年間で小さなものも含めて320回(?)位のコンサートをしているが、その内の100回位は学校の体育館へエレクトーンを運んでの無料コンサート。

・秋には「せんだいクラシックフェスティバル2009」に出演します(http://www.yksonic.com/concerts/091002.html)。クラシックの音楽祭に、エレクトーン奏者が招かれたのはエレクトーン史上初めてのこと。4コマ登場しますが、チケットは15分で完売、それだけエレクトーンに対する関心は高い。
誕生50周年を迎えて、エレクトーンの時代はこれからだと思う。もっともっと世の中に広めて行きましょう!

・上海の音楽祭にも招かれています。



↓神田将さんの演奏をインターネットでお楽しみ頂けます(無料)
http://www.youtube.com/user/puripoku
http://www.youtube.com/user/ykplaysstagea




他の音楽ブログを読んでみる








******************************
「外務省 海外安全ホームページ」に、海外安全についてのDVD・ビデオの一覧がありますね。
いつも、安全に楽しく海外旅行をいたしましょう。
http://www.anzen.mofa.go.jp/video/index.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
《CD》神田 将「Espressivo」
エレクトーンプレイヤー 神田 将さん、及びCD「Espressivo」について http://www.yksonic.com/profile.html  ...続きを見る
iceskateのコンサートメモ
2009/08/23 22:26

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
jet HAPPY LIVE 神田 将 エレクトーンコンサート 〜真夏の夕べのオペラ〜 iceskateのコンサートメモ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる