iceskateのコンサートメモ

アクセスカウンタ

zoom RSS 《CD》NHK大河ドラマ「天地人」オリジナル・サウンドトラック(2)

<<   作成日時 : 2009/11/07 14:15   >>

トラックバック 0 / コメント 0

音楽:大島ミチルさん


NHK大河ドラマ「天地人」オリジナル・サウンドトラック2
SMJ
2009-08-26
TVサントラ

ユーザレビュー:
相変わらずの上質さ。 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



こちらは、2枚目の感想。1枚目(http://34402263.at.webry.info/200911/article_3.html)よりこちらの方が、16ビートあり、ボサノヴァあり、お琴の曲あり…、とバラエティに富んで、奥深く面白い曲が多いと思います。
これらの「大島さんらし〜い」と思う多様なリズムの曲は、CDジャケットの記載によりますと、NHKさんからリズムや「エレキギター」等の使用楽器の具体的な要望があったのだそうですね。意外でした…。

そして、何とも私が大好きで、このCDを購入する気にさせてくれた曲は、2曲目と19曲目(2曲目のショートヴァージョン)の「逢恋〜天地人紀行」。第20回目の放送から確か9月頃まで、本編後の「天地人紀行」のバックで流れていた曲ですね。この華やかな曲に、宮本笑里さんのヴァイオリン演奏がとても素晴らしく、毎回、「天地人紀行」の内容より、どうしても音楽の方に耳が行っていた程でした。2曲目のフルヴァージョンは、更に素敵です♪
これは、実際に直江兼続さんが詠んだ歌(恋の歌をたくさん詠まれた方だとか)を題材にして作曲された曲だそうですが、これは、ぜひ自分でエレクトーンで弾きたい、と思いますね。(楽譜、出ないかしら…。あ、大島さんの様に耳コピーしないといけないかしら(笑)。)

余談ですが、あるTV番組(「世界遺産」だったでしょうか)のエンディングで流れてきたヴェイオリンの演奏を聴いて、「あ、巨匠の音がする。」(私がこう思うのも何ですが)と思って演奏者の名前を見てみましたら、宮本笑里さんでした。この方は、お父様よりスゴい方になるかもしれないな、と、何と無く思います。
お父様と言えば、やはり大島ミチルさんの曲で、お父様の演奏の代表作となった「風笛 〜あすかのテーマ〜」も大好きな曲で、今年受験したエレクトーン演奏グレードの自由曲として組み込んでいましたが、この宮本親子、1つのフレーズがとて〜〜も長い演奏をされますね。メロディーを歌い上げる時、なるべくフレーズで切らない方が音楽に乗れる(音楽が盛り上がる)、ということなのでしょうか…? 
「風笛 〜あすかのテーマ〜」(♪=74で4分の4拍子の曲)では、宮本文昭さんは8小節位ノーブレスで一気に演奏されていますが、私はその通りのフレーズで演奏すると苦しくなるので、自分のフレーズの切れ目で切って演奏していました。
(そういえば、ロストロポーヴィッチさんが、確かサイトウ・キネン・オーケストラのリハーサルで宮本文昭さんに、「オーボエ、肺はいくつある?」と言われていた(TVで見ました)のを思い出しました…。)
指揮の演奏は聴けませんでしたが(http://34402263.at.webry.info/200610/article_4.html)、オーボエ奏者としてはスゴイ方でしたね。

このCD、現在、通勤の友です♪



他の音楽ブログを読んでみる







**********************************************************
学生対抗フォトイベント『銀座写真選手権』参加チーム募集:締め切り11/8:
フォトギャラリーRING CUBEにおける学生を対象とした企画、「銀座写真選手権」の参加チームを募集中です。
写真に興味を持つ学生の方であれば誰でもOK、3名でチームを組み5点の写真作品を応募するだけ。
2010年2月のRING CUBEにおける写真展への出展権を争奪する、チーム単位で参加するコンテスト企画です。
イベント内容の詳細と応募要項はこちらです!↓
http://www.ricoh.co.jp/dc/ringcube/event/ginza2009/index.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
《CD》NHK大河ドラマ「天地人」オリジナル・サウンドトラック(2)  iceskateのコンサートメモ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる