iceskateのコンサートメモ

アクセスカウンタ

zoom RSS 西本智実 with ラトビア国立交響楽団 ヴァイオリン:パベル・シュポルツル

<<   作成日時 : 2010/01/23 02:25   >>

トラックバック 3 / コメント 0

1月19日    サントリーホール

チャイコフスキー:幻想序曲「ロミオとジュリエット」
チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 作品35
(ヴァイオリンアンコール バッハ:パルティータ 第3番 ホ長調)
チャイコフスキー:交響曲 第4番 へ短調 作品36
(オーケストラのアンコールは無し)
http://www.samonpromotion.com/live/nishimoto-jan/#rozhdestvensky

幻想序曲「ロミオとジュリエット」 、いつもの西本さんの指揮より遅いテンポだと感じました。とてもドラマチックな演奏ですね。しかし、私はブダペスト・フィルでの演奏(http://34402263.at.webry.info/200904/article_1.html)の方が好きでした。

このオーケストラのチェロの音色、大好きです♪

「チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲」、出だしは大変うっとり…でした。急遽の代役の上に、この日の開演前は衣装のことなど色々とあわただしかったそうで、かわいそうでしたね。緑のヴァイオリン、初めて見ました。よく響く音域のこの方のヴァイオリンの音色も好きです。カデンツァはじめ、とても個性的な演奏ですね。

(シュポルツルさんの)アンコールも、とても個性的でしたが素敵でした♪ 天井の高い、音の良く響く教会などでこの演奏を聴いたら、きっととても素敵だろうな、と思いました。

「チャイコフスキー:交響曲 第4番」、2楽章が特に好きです♪
そして、プログラムの西本さんのインタビューに、
『3楽章の最初の弦楽器のピッチカートはバラライカのリズムで、楽譜は4分の2拍子だけれど、この8部音符のメロディは決して2拍子のリズムではない。』
とありましたので、そこを意識して聴いていたのですが…、私、4分の2拍子に聴こえました…。
全体として最高!!! スタンディング・オヴェーションしようかと思いましたが、又、ちょっと勇気がありませんでした…。
このチャイコフスキーさんの「交響曲第4番」は、「第5番」や「第6番」程、今まで曲として魅力を感じていませんでしたが、この日の演奏はなかなか感動的で、迫力があって、魅力的でした! 面白かったです。

ツアー初日からこんなに全力投球で、演奏者の皆さん大丈夫でしょうか? 2週間ほぼ連日のツアー、体調によくよくご留意されて乗り切って頂きたいと思います。
ツアーラストの日に又、お会いしましょう♪
 

他の音楽ブログを読んでみる






*****************************
音楽を楽しみながら国際協力について考えませんか?

加藤タキ チャリティ・サロンコンサート
第1回ゲスト:XUXU(しゅしゅ) アカペラ・ユニット

2010年3月7日(日)午後2時〜4時 
JTアートホール アフィニス(虎ノ門JTビル2階)にて
全席自由:3000円
※詳細はこちら→http://www.aarjapan.gr.jp/lib/event/event1001-1xuxuconcert.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
西本智実指揮 スミ・ジョー イン・コンサート(2回目)
6月24日   サントリーホール 大ホール ...続きを見る
iceskateのコンサートメモ
2010/08/08 00:52
西本智実 with ラトビア国立交響楽団
12月2日    サントリーホール 大ホール ...続きを見る
iceskateのコンサートメモ
2010/12/05 03:18
記事参照数トップ10(2009年12月〜2010年11月の記事):2011年9月9日時点の集計
毎年恒例の「記事参照数トップ10」。いつもお正月(1月中位?)には計算していたのですが、今年はやはり忙しかったのか、こんな時期になってしまいました…。 ...続きを見る
iceskateのコンサートメモ
2011/09/09 01:19

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
西本智実 with ラトビア国立交響楽団 ヴァイオリン:パベル・シュポルツル iceskateのコンサートメモ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる