iceskateのコンサートメモ

アクセスカウンタ

zoom RSS NHK音楽祭Plus BBC交響楽団演奏会

<<   作成日時 : 2010/05/29 01:45   >>

トラックバック 0 / コメント 0

5月12日     NHKホール

指揮:イルジー・ビェロフラーヴェクさん
ヴァイオリン:神尾真由子さん

1)序曲「南国で」作品50(エルガー作曲)
2)ヴァイオリン協奏曲 ニ短調 作品47(シベリウス作曲)
3)交響曲第9番 ホ短調 作品95《新世界から》(ドボルザーク作曲)

アンコール
1)スラブ舞曲 作品72第7(ドボルザーク作曲)
2)行進曲「剣士の入場」(フチーク作曲)
3)スラブ舞曲 作品72第2(ドボルザーク作曲)
神尾真由子さんのアンコールは、カプリス(奇想曲)作品1第13(パガニーニ作曲)
※この曲は、「N響アワー」の「カプリッチョ」のコーナーの曲。思わず最初、笑ってしまいました。

毎年、「プロムス音楽祭」のラスト・ナイトで「威風堂々」(エルガー作曲)の演奏が感動的なオーケストラですが、NHK様からDMをもらい、初めて生で聴きに行くことにしました。

1曲目の序曲「南国で」、また(!)、うっかりして予習を忘れていて初めて聴く曲となってしまいました。
開演前にプログラムの解説を読んで楽しみにしていた通り、とても素敵な曲で大好きになりました。CDを探します♪♪
ホールの音響がもっと良かったら、もっと楽しめたのに…、残念でした。
ヴィオラのソロの音色にうっとり…でした。

ヴァイオリン協奏曲(シベリウス作曲)は、以前にヒラリー・ハーンさんの演奏で聴いたことがあります。(http://34402263.at.webry.info/200805/article_1.html
その時の批評家のコメントとして、「楷書のお手本の様な演奏で、彼女には合っていないのかも?」というものがありましたが、その意味が、この日よく分かりました。
この日の演奏は、ヒラリーさんの演奏の時より、はるかにヴァイオリンもオーケストラも演奏にインパクトがありました。「ヴラボー!!!!!」 

3曲目は、「もういいわ〜。」の「新世界から」でした。
聴きなれた西本智実さん指揮の演奏とは、大分細かい部分のニュアンスが違っていて、楽しめました。
ティンパニさんが印象的で素晴らしかったです。

この演奏は、既にFM「ベストオブクラシックス」では5月25日に放送されましたが、TVでは、下記の放送予定です。
7月16日(金) 午後11時〜午前1時15分 教育テレビ「芸術劇場」



他の音楽ブログを読んでみる






************************
〜ハイチ地震被災者を助けましょう〜
ご寄付はこちらから
http://www.peace-winds.org/jp/support/donatenow.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
NHK音楽祭Plus BBC交響楽団演奏会 iceskateのコンサートメモ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる