iceskateのコンサートメモ

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本フィルハーモニー交響楽団 第623回 東京定期演奏会

<<   作成日時 : 2010/10/08 01:40   >>

トラックバック 1 / コメント 0

9月10日  サントリーホール 大ホール

指揮:アレクサンドル・ラザレフさん
ピアノ:上原彩子さん
コンサートマスター:扇谷泰朋さん
ソロ・チェロ:菊池知也さん

<プロコフィエフ交響曲全曲演奏プロジェクト vol.5>

1.チャイコフスキー:バレエ組曲《白鳥の湖》より 〜情景・ワルツ・4羽の白鳥の踊り・チャールダッシュ〜
2.プロコフィエフ:ピアノ協奏曲第3番 ハ長調 作品26
3.プロコフィエフ:交響曲第5番 変ロ長調 作品100
アンコール プロコフィエフ:オペラ「戦争と平和」よりワルツ

2曲目と3曲目は、この日までに予習しようと思っていましたが、又、すっかり忘れていました…。

プログラムの表紙の、この日の演奏者と作曲家のイラストがとっても可愛い♪♪♪ そして、曲目解説の文字が大きく読みやすくて嬉しいです。

バレエ組曲《白鳥の湖》より。これを生で聴くのは久しぶり。
「情景」の出だしのオーボエの素晴らしいこと!! もう、最初からうっとり!!! 
「ワルツ」は、子供の頃から大好きな曲。演奏ももう大変に素晴らしく、この曲が終わった時、拍手しちゃおうか!?と思いました♪♪

上原さん、最近、コンサート活動が以前より盛んになったかな? 2人のお子さんのためなのかな??
この日の演奏曲、「プロコフィエフ:ピアノ協奏曲第3番」は、ゲルギエフさん指揮のN響のコンサート(http://34402263.at.webry.info/200912/article_2.html)で聴いて、とても気に入った曲♪だったな、とプログラムの解説を読んで思い出しました。
演奏終了後、スタンディングオヴェーションしちゃおうかと思いました! ピアノとオーケストラがピタっと合った本当に大迫力の素晴らしい演奏でした!!! 
彩子さんもとても満足そうで、終わってからは終始にこやかに四方に丁寧にご挨拶。
彩子さんのアンコールはありませんでした。

そして、「プロコフィエフ:交響曲第5番」は、「20世紀の交響曲ジャンルの最高の傑作のひとつ」という評価を受けた曲なのですね。聴くにも難しいし、演奏するのも難しそうな曲。しかし、これも大迫力の演奏。

どの曲も、大迫力の演奏♪♪で、満足でした! オーケストラの皆さん、大変お疲れ様でした!

この日は、上手側ステージ横の席で、アーティストの皆さんの演奏後のステージ横での姿までよく見えて面白かったです。
そして、隣の席の小さな男の子が、正装をして、双眼鏡を持って、とてもお行儀良く、お父さんとコンサートを楽しんでいる姿がとても微笑ましかったですね。

ラザレフさん指揮の日本フィルの演奏大好きです♪ 「オケの定期会員になろうか?」と思いましたが、残念ながら、ラザレフさんが指揮される回数はそれほど多くないので、ラザレフさん指揮&日本フィル演奏のCDを買って帰りました。



他の音楽ブログを読んでみる





************************
この日、今年7月からファンになった、横浜ベイスターズの佐伯貴弘選手への戦力外通告が明らかになったのでしたね…。
http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1009110004/
私がコンサートを楽しんでいる間に、大変なことになっていたのだわ、と後から知って、その時から今日まで、色々と複雑です…。

そしてとうとう今日(もう昨日ですね)、球団から正式な発表が出てしまいました…。
http://www.baystars.co.jp/news/detail.php?id=863
なかなか佐伯選手についての発表が無いので、少し期待をしていたのですが、やはり…でした。
このニュースを昨日のお昼に知って、「もしかして…」と思い立って、急遽初めての横浜スタジアムに観戦に行きました。
佐伯選手は残念ながらお出になりませんでしたが、セレモニーでの加地社長のご挨拶は感動的でした。なかなか立派な社長さんですね。ファンの間での人気も高い様ですね。
http://www.47news.jp/CN/201010/CN2010100701000673.html
http://ameblo.jp/yb-dj/entry-10671488488.html
私はこの後、もう雰囲気的に「終わり」のようでしたので帰ってきてしまったのですが、球場ではセレモニーの後、いつまでも続く佐伯選手の応援歌が感動的だったとか。
http://ameblo.jp/yb-dj/entry-10670438227.html
(こちらのブログのコメントより)

”横浜ベイスターズ”が生まれた時に入団されて、ご自身が去られる時に球団は売却…。”ベイスターズの歴史は佐伯選手の歴史”という感じですね。こういう選手は、”その球団の宝”なのではないでしょうか。
昨日初めて本格的なスタジアムで観戦し、昨今の激しい選手の入れ替わりのニュースを見ていると、最初に入団したチームで18年間も続けて来られた、というのはスゴイ事なのだわ、と思いました。

ご本人が納得できる、次のステップが早く決まる様、応援しております。既に1件オファーが来ているとか…(?)
http://www.baystars.co.jp/column/staff/index.php

※こちらの記事には、9月25日にジャイアンツ球場で行われた湘南シーレックス(旧横浜ベイスターズの2軍)今季最終戦での佐伯選手の様子等(素敵なエピソードもあり)を書こうと思っていましたが、それについては次回の記事に回すことに致しました。

(最近、”音楽ブログ”のはずが”野球ブログ”に変身してしまいそうですね…。)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
《CD》ブラームス交響曲第1番 アレクサンドル・ラザレフ指揮&日本フィルハーモニー交響楽団
★チャリティコンサート「故郷」〜 被災地出身の演奏家の祈りに応えて〜 @東京オペラシティ コンサートホール . 被災者の苦しみを自分のことのように思う所、縁ある演奏家が自分たちにも出来ることをしようと立ち上がりました。 純益は被災者児童・生徒への教材や楽器の提供など 教育支援に充てられます。 詳細はこちら→http://www.facebook.com/notes/%E5%BF%83%E3%82%92%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%AB%E3%83%86%E3%8... ...続きを見る
iceskateのコンサートメモ
2011/05/05 15:14

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
日本フィルハーモニー交響楽団 第623回 東京定期演奏会 iceskateのコンサートメモ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる