iceskateのコンサートメモ

アクセスカウンタ

zoom RSS 「シャガール 〜ロシア・アヴァンギャルドとの出会い〜」展 & 奏楽堂見学

<<   作成日時 : 2010/10/11 22:54   >>

トラックバック 0 / コメント 0

9月20日  

「シャガール 〜ロシア・アヴァンギャルドとの出会い〜」展(東京芸術大学大学美術館) 
  http://www.fujitv.co.jp/events/chagall/index.html
奏楽堂見学
  http://www.taitocity.net/taito/sougakudou/

「シャガール 〜ロシア・アヴァンギャルドとの出会い〜」展で「魔笛」の衣装展があると、先日新国立劇場の「魔笛」(http://34402263.at.webry.info/201010/article_2.html)を観に行ったときにもらったチラシにありましたので、楽しみに行ってみました。

最初、間違えて向かいの芸大”音楽学部”に入ってしまいました。歌の試験課題の楽譜を販売していました。
「今から芸大に入りなおしたら?」と家人がとんでもない(!)冗談を言ってくれました…。

シャガールさんはフランス人だと思っていましたが、ロシア人だったのですね。

お目当ての「魔笛」の衣装展はなかなか豪華なもので、この衣装・美術で又、上演して欲しい、と思いました。
(当時の写真には、有名な歌手がたくさん出演されていましたが、残念ながら、どの劇場のいつの公演なのか、が分かりませんでした。)

帰り、奏楽堂を公開していたので入って来ました。2階のホールではパイプオルガンのリハーサルが行われており、歴史ある空間で、素晴らしく迫力のある演奏を聴くことが出来ました。パイプオルガンの音もホールの音響も良いですね♪♪
音大に入り直すなら、”オルガン科”という方法もあるかな? と真面目に思ってしまいました…。それぐらい、素敵な演奏でした。

資料室も6部屋くらいあり、結構充実した内容。移築のためのホールやパイプオルガンの解体風景等の貴重な写真もありました。

メトロポリタン歌劇場(http://www.metoperafamily.org/metopera/)内部見学の時に、廊下に写真が飾られていた三浦 環さん(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E6%B5%A6%E7%92%B0)は、プッチーニさんがまだ生きていらした頃に「マダム・バラフライ」を歌った方なのですね。プッチーニさんの別荘に招かれて、一緒に写っている写真がありました。

この奏楽堂見学は予定外でしたが、結構面白かったです♪ 入場料は300円です!


他の音楽ブログを読んでみる





*******************************
さて、又、佐伯 貴弘選手の話題…。

ファン暦は短いですが、このブログ記事↓と、皆さんのコメント(数もスゴイですね)を読んでいたら、涙が出ました…。
http://ameblo.jp/yb-dj/entry-10672465451.html
特に、ETーKINGさんの『新恋愛』という曲(http://34402263.at.webry.info/201008/article_9.html)の佐伯さんスペシャルバージョンのところで、佐伯選手の横浜ベイスターズへの思いが改めて分かり、つらくなりますね…。
いつか絶対に横浜ベイスターズ(この球団も、今後どうなるか分かりませんが)に戻ってきていただきたいですね!
又明日から、『新恋愛』の入っているアルバム「U」を聴きながら通勤すると思います…。(電車の中で泣いてしまうかな…?)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「シャガール 〜ロシア・アヴァンギャルドとの出会い〜」展 & 奏楽堂見学 iceskateのコンサートメモ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる