iceskateのコンサートメモ

アクセスカウンタ

zoom RSS 西本智実 with ラトビア国立交響楽団

<<   作成日時 : 2010/12/05 03:17   >>

トラックバック 2 / コメント 0

12月2日    サントリーホール 大ホール

ドビュッシー:小組曲
ラヴェル:亡き王女のためのパヴァーヌ
ボロディン:歌劇『イーゴリ公』より「ダッタン人の踊り」
チャイコフスキー:交響曲第6番 ロ短調 「悲愴」 作品74
アンコール チャイコフスキー:バレエ組曲「くるみ割り人形」よりグラン・パ・ド・ドゥ

今年の1月にこのオーケストラを聴いていて、ロシアのオーケストラに近い感じの、なかなか良いオーケストラだった、
http://34402263.at.webry.info/201001/article_7.html
http://34402263.at.webry.info/201002/article_2.html
ということと、西本さんがブログで「私はこのオーケストラに惚れた!」と書かれていたので、ますます再度このオーケストラを聴くのが楽しみ♪でした。このオーケストラ、”ミレニウム”に特徴が似ているのかな? 弦楽器の音が本当に綺麗ですね♪

「ドビュッシー:小組曲」は、今回初めて聴く曲、「ラヴェル:亡き王女のためのパヴァーヌ」は、西本さんの指揮で”生で”初めて聴く曲でした。職場から駆けつけましたが、仕事の疲れが取れる、いい演奏でした。。
西本さんの「亡き王女のためのパヴァーヌ」の入ったCDを、久しぶりに又、聴いてみようかしら。
そして今回のプログラム・ノートに「(このタイトルは)言語のフランス語の語呂で付けたもので、深い意味は無い」とありました。それにしては、タイトルにピッタリの雰囲気の曲ですね。


ラヴェル:ボレロ
キングレコード
2003-09-18
西本智実

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ラヴェル:ボレロ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



そして西本さんの指揮で聴くロシア音楽の「ダッタン人の踊り」、これも久しぶりでしたが、やはり、いいですね〜♪

そして、西本さんの指揮で、それなりの能力を持ったオーケストラで聴く「チャイコフスキー:交響曲第6番」、やはり最高!!!!!!ですね。
西本さんもオーケストラも、よく馴染んでいる曲なので、安心して、「お任せします。」という感じでゆったりと聴けました。と思っていましたら、プログラムを読んでビックリ!!! このオーケストラにとって「チャイコフスキー:交響曲第6番」は馴染みの無い曲で、今年8月のリガでの西本さんとのコンサートのリハーサルで創り込んだのだとか!!! 日本では超定番のこの曲、海外ではこういうこともあるのですね。そして、そのような状態から、これだけの完成度に創り込むことが出来るものなのですね!!! 本当にビックリ!!!でした。
そしてこの第4楽章について、プログラム・ノートに「弦楽器のテーマ。実はこのメロディ、第1、第2ヴァオリンが1音づつ交互に、ハーモニーの上下を入れ替わりつつ弾いている。とてもシンプルな音型だが、弓はこびの関係上どこかできしみが生まれ、喘ぐような呻くような響きを生むのだ。」とありました。こういうことまで計算して、作曲・オーケストレーションされているのですね。(そういえば、このことは以前にNHK「名曲探偵アマデウス」でやっていたかな??)   
前日に、西本さんの「チャイコフスキー:交響曲第5番&第6番」のDVDを、これも久しぶりに聴いたのですが、この頃より、この日の演奏の方がずっと良いものでした、西本さんも、進化されていますね♪

そしてプログラムには、その8月のリハーサの様子も書かれていましたが、2日間、朝10時から夕方6までお昼休みを挟んで丸一日のリハーサルで、これはオーケストラの世界の常識ではまず考えられない長時間の集中ぶりだったとか。
今回のコンサートの主催会社の全国ツアーの日程は、オーケストラの世界の常識ではまず考えられない超過密日程ですが、リハーサルも同様な状態なのですね…。


プログラムの西本さんのインタビュー中の、「チャイコフスキー:交響曲第6番」と「ショスタコービッチ:交響曲第5番」についてのお話は、とても興味深かったです。

又、プログラムにありました、ラトビア出身の音楽家やバレエダンサーは、そうそうたるお顔ぶれですが、ロシア人だと思っていた方々が結構多いです。
いつかラトビアにも行ってみたいですね。私の好きそうな、観ごたえのあるものがたくさんありそうです♪

そして西本さんについて、やはり、今回の様な美しい歴史的なヨーロッパの街並みの写真の入ったプログラムを読みながら、ヨーロッパのオーケストラを指揮されているのを聴く方が、アメリカのオーケストラを指揮されるよりも似合っている、と感じました。

数日後の、このメンバーにミッシャ・マイスキーさんが加わるコンサートもとても楽しみです♪♪



他の音楽ブログを読んでみる






*************************
さて、突然ですが又、プロ野球の話題。現在はオフで、選手の契約更改や新規正式契約が次々に行われていますね。
このコンサートの日、西本さんがきっかけでファンになった前横浜ベイスターズの佐伯貴弘選手が、中日ドラゴンズと正式契約されました。年俸は最低保証金額+出来高払いとか。この”出来高払い”というところで、ご本人次第でいくらでも年俸を上げられるチャンスを作ってくださったのですね。中日ドラゴンズ上層部の方々の、「佐伯選手に期待していますよ。」という気持ちが感じられる気が致します。
http://mainichi.jp/enta/sports/news/20101203k0000m050012000c.html
http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/dragons/news/201012/CK2010120302000006.html
このニュースを見て、佐伯選手が敬愛されているET−KINGさんの「ギラギラ」という曲の歌詞(http://music.goo.ne.jp/lyric/LYRUTND82730/index.html)の一部を思い出しました…。
来シーズンの佐伯選手のご活躍が楽しみです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
西本智実 with ミッシャ・マイスキー オーケストラ:ラトビア国立交響楽団
12月5日    東京文化会館 大ホール ...続きを見る
iceskateのコンサートメモ
2010/12/20 00:06
記事参照数トップ10(2010年12月〜2011年11月の記事):2012年3月24日時点の集計
数年前まではお正月に行っていたこの企画。昨年ごろからずるずると遅くなり…、今回はもうやめようかしら?と思いながら、対象となる記事のアクセス数を見てみたところ、なかなか面白い状況(予想外の意外な内容の記事のアクセス数が多い)でしたので、やはり、集計してみることにしました。 ...続きを見る
iceskateのコンサートメモ
2012/03/24 22:29

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
西本智実 with ラトビア国立交響楽団 iceskateのコンサートメモ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる