iceskateのコンサートメモ

アクセスカウンタ

zoom RSS ベルリン・フィル公式アンサンブル アンサンブル・ベルリン2011

<<   作成日時 : 2011/12/11 00:52   >>

トラックバック 0 / コメント 0

11月26日   成城ホール

アンサンブル・ベルリン アーティスト紹介
http://www.samonpromotion.com/jp/artist/index.php?i=66

フィリップ・ボーネンさん(第1ヴァイオリン)
ファン・ソンユンさん(第2ヴァイオリン) *代役
マルティン・フォン・デル・ネーマーさん(ヴィオラ)
クレメンス・ヴァイゲルさん(チェロ)
ウルリッヒ・ウォルフさん(コントラバス)
クリストフ・ハルトマンさん(オーボエ)
モル・ビロンさん(ファゴット)

<曲目>
モーツァルト:歌劇『ドン・ジョヴァンニ』KV.527より
プーランク:七重奏曲(原曲:オーボエとピアノのためのソナタ)
ウェーバー:アンダンテとハンガリーのロンド 作品35
リスト:ハンガリー狂詩曲 第3番
ロッシーニ:歌劇「絹のはしご」より序曲
ラリエ:「ベルリンからの贈り物」
ボッテジーニ:「エレジー」
ベリオ:「バレエの情景」作品100
プッチーニ:「菊の花」
パスクッリ:「蜂」
トリイバート/ジャンクール/レンツ編曲:幻想曲(ロッシーニ歌劇「アルジェのイタリア女」より)
アンコール 「落葉松」

”ベルリン・フィル公式アンサンブル”とのことで、オーボエの方はなかなか素晴らしかったのですが、全体的には「ホント!?」という感じでした…。

おなじみのオペラの曲もありながら、ありふれていない曲が多く、プログラムとしては面白かったのですが…。

「プーランク:七重奏曲(原曲:オーボエとピアノのためのソナタ)」、これも初めて聴いた曲ですが、プーランクさんらしい、とてもオシャレで綺麗な曲でした。この曲を聴けたのが、この日の唯一(!)の収穫でしょうか…。

ボッテジーニ:「エレジー」は、コントラバスがメロディを演奏する、これもこの日初めて聴いた曲です。
なかなかロマンチックな感じの綺麗な曲でしたが、何しろ演奏が…。

こんなに”はずれ”、という感じのコンサートに当たるのも珍しいです…。
この日はとても寒く(ついでにコンサート会場も寒く!)、暖かい家で、オペラのDVDでも観ていた方がよほど良かったなあ…、というコンサートでした…。




他の音楽ブログを読んでみる




★ジュースを買うだけで社会貢献
Volunteer Vender Association の公式HP→http://www.volunteervender.jp/index.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ベルリン・フィル公式アンサンブル アンサンブル・ベルリン2011 iceskateのコンサートメモ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる