iceskateのコンサートメモ

アクセスカウンタ

zoom RSS ウクライナ国立オデッサ歌劇場「トゥーランドット」

<<   作成日時 : 2012/02/18 00:26   >>

トラックバック 0 / コメント 2

1月7日    めぐろパーシモンホール

やっと、今年最初のオペラ鑑賞の感想。

キャスト一覧:
画像


後で聞いたことなのですが、今回は、原発の影響で当初予定のメンバーの変更があったとか。。

西本さんはよくオーケストラをドライヴしていらしたと思います。「指揮棒で顔を刺さないように…。」とこちらが心配してしまうくらい、気合いの入った指揮でした。

何度も観ている演目なのですが、飽きさせない、わかりやすい良い演出でした。舞台セットや衣裳はとても美しかったです。
そして、”ピン・ポン・パン”の3人が、今まで観た中でもっとも年配に見えました。

私はこのオペラの主役は”リュー”だと思っていますが、今回も、良かったです!
”トゥーランドット”は貫禄がよく出ていましたし、”王様”役の歌手の声がとても良かったです。
しかし、肝心の”カラフ”が今一つ…でしたので、「誰も寝てはならぬ」は残念…でした。

余談ではありますが、今、http://www.hachiojibunka.or.jp/performance/recruit/Mahler.htm で「マーラー交響曲第2番」の合唱指導をして下さっている藤原規生先生(http://pleiade.dip.jp/staff/fujihara.html)の「誰も寝てはならぬ」が、ぜひ聴いてみたいなあ、と思います。 (とても良いお声なので。)

合唱も今一つでしたね。

そしてこのホールは、オペラを上演するには、舞台とオケピが少々狭いでしょうか…。

この日の会場には、”トゥーランドット”のダブルキャストのマリア・グレギーナさんがいらしていました。



他の音楽ブログを読んでみる






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。
はじめまして。
ウクライナ歌劇場「トゥーランドット」で流れ着きました。
花月と申します。

この回のリュー素晴らしかったですね。
<氷のような姫君の心も>は感動して、涙が零れました。

私も、<マーラー>合唱(ソプラノ)参加致します。
本番まであと少し、宜しくお願い致します。
花月
2012/04/21 21:46
花月さま、初めまして。
コメントをありがとうございました。
<マーラー>の合唱団にご参加の方でしたら、練習会場でお会いしているかもしれませんね。
私はアルト(上)です。
(本番までに全部暗譜出来るかしら…。)
あと少しですね…。
悔いの残らないよう、本番を迎えたいと思います。
こちらこそ、よろしくお願いいたします。
iceskate
2012/04/22 23:52

コメントする help

ニックネーム
本 文
ウクライナ国立オデッサ歌劇場「トゥーランドット」 iceskateのコンサートメモ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる