iceskateのコンサートメモ

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本フィルハーモニーオーケストラ 第279回横浜定期演奏会

<<   作成日時 : 2012/09/02 21:40   >>

トラックバック 0 / コメント 0

7月7日   横浜みなとみらい大ホール

指揮:西本智実さん
ヴァイオリン:三浦文彰さん
コンサート・マスター:扇谷泰朋さん
ソロ・チェロ:菊地知也さん

メンデルスゾーン:劇音楽≪真夏の夜の夢≫序曲 作品21
ショスタコーヴィチ:ヴァイオリン協奏曲 第2番 嬰ハ短調 作品129
ベルリオーズ:幻想交響曲 作品14
アンコール  
  ヴァイオリンソロ アンリ・ヴュータン:ヤンキー:ドゥドゥル
  オーケストラ オッフェンバック:ホフマンの舟歌


最近は、行くコンサートも選んで選んで…、なので、久しぶりに優雅な気分に浸った、という感じでした。

同じような内容のコンサートが東京でもありましたが、「ショスタコーヴィチ:ヴァイオリン協奏曲 第2番」が聴きたく、
みなとみらいホールのに行くことにしました。

また、三浦文彰さんも初めて聴くので、楽しみでした。

1曲目の演奏が始まった瞬間、チェロの宮田 大さんが出演していた「カルテットという名の青春」というドキュメンタリー番組(http://www.bs-asahi.co.jp/quartet/)を思い出しました。
国内で優秀な成績を残した4人の若い音楽家が、クラシック音楽の本場であるヨーロッパに留学して、音楽に対するとらえ方、接し方、演奏が変わっていく様子をとらえた番組でした。。

そして楽しみにしていた「ショスタコーヴィチ:ヴァイオリン協奏曲 第2番」。この曲を聴くのは初めてです(そういえば、予習も、うっかり忘れていました…)。
三浦文彰さんはまだお若いのに、この難曲をよく理解して(いるように拝見しました)演奏していらっしゃるなあ、と思いましたが、コンサート後、横浜定期演奏会の今シーズンの最後ということで、ちょっとしたパーティー(?)があり、西本さんや三浦さんも出席されトークがありました。その時に、この曲は三浦さんがリクエストされたものだ、ということを伺いました。きっとお得意な曲なのですね。

三浦さんソロのアンコールも良かった!!! 親しんでいるメロディーですが、こちらが原曲なのでしょうね♪

三浦文彰さんは、これから先もとっても素晴らしいかも?という様な予感が致しました。
(8月5日放送の「ららら♪クラシック」(http://www.nhk.or.jp/lalala/index120805.html)にも出演されていましたね。)

「ベルリオーズ:幻想交響曲」は、ワルツのところがとても素敵でした。
西本さん指揮&チェコ・ナショナル交響楽団のDVDが久しぶりに観たく(聴きたく)なりました♪

幻想交響曲 [DVD]
キングレコード
2005-11-02

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 幻想交響曲 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



オーケストラのアンコールも良かったのですが、私にとっての”この日の1曲”は、やはり「ショスタコーヴィチ:ヴァイオリン協奏曲 第2番」でした。



他の音楽ブログを読んでみる




*****************************
みんなのメンタルヘルス総合サイト(厚生労働省のサイト)
http://www.mhlw.go.jp/kokoro/index.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
日本フィルハーモニーオーケストラ 第279回横浜定期演奏会 iceskateのコンサートメモ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる