iceskateのコンサートメモ

アクセスカウンタ

zoom RSS 韓国ミュージカル初体感♪♪ 2014−2015「ジキル&ハイド」(12月6日)

<<   作成日時 : 2014/12/14 21:10   >>

トラックバック 4 / コメント 0

12月6日  ソウル ブルースクエア ミュージカルホール

ジキル&ハイド: チョ・スンウさん(http://contents.innolife.net/listc.php?ai_id=2324
ルーシー: リナさん(http://www.playdb.co.kr/artistdb/detail.asp?ManNo=25102
エマ: イ・ジヘさん

奇跡のようなことが起き、発売から10分ほどで完売になったチケットが、数日後にキャンセルが出て、伝説のミュージカルの韓国公演10周年記念公演であり、今、私が注目しているチョ・スンウさんの代表作である、このミュージカルのチケットが2日分続けて入手できましたので、このような時期でしたが、思い切ってソウルまで観に行きました。
以下は、その1日目の鑑賞記録と感想です。

■チケット発売前の広告&キャスト紹介動画
https://www.youtube.com/watch?v=cuxsmzXLfPs

■2014年版ダイジェスト動画
https://www.youtube.com/watch?v=B_8nU3P_qHQ

■ホール情報:こちらのブログ記事を活用させて頂きました。
http://blog.goo.ne.jp/ukiukibiyori/e/1fbb68aa7cd8f2a3b0427b8dbd9c5924

当日朝早い便でソウルに入り、ホテルチェックインを済ませ、開演2時間前くらいにホールに着きました。
ホールに入ると、まず「ジキル&ハイド」10周年記念デコレーションや、実際に過去に?使われた舞台セットなどが目に入り、それらの写真撮影。
チケットの引換も問題なくでき、パンフレットやグッズが見たかったので、売っている場所を探しました。
が、パンフレットはまだできていない、とのこと。
ショップに今回の10周年記念グッズは幾つかありましたが、数が豊富には無かったようでした。
「ジキル&ハイド」のボーカル譜があったので買おうと思ったのですが、それは「非売品」とのこと。。
パンフレットやグッズをばっちり準備して、「ここぞ!」とばかりに売る日本とは違って、のんびりしているなあ、という印象でした。

開演までの残りの時間は、以前にも観たことがあったのですが、歌詞やせりふの予習として、ネットで見つけたブロードウェイミュージカルの「ジキル&ハイド」の動画をソファに座って観ていました。私は日本語でも、このミュージカルを観たことがなかったので。

■予習したブロードウェイミュージカルの動画
Act T:
https://www.youtube.com/watch?v=oAQKsUolXGU
Act U:
https://www.youtube.com/watch?v=BLCwIOljMWY

いよいよ開演時間が近づき、そろそろ自分の座席のある階に行こうとエレベーターに乗ったところ、違う階(ホールではなくコンベンションセンターのある階)で降りてしまい、近くにいらした係の方に、どこで降りたらよいのか尋ねたところ、ご自分は別のお仕事中があるのに、私のためにエレベーターをよんで、ちゃんと私が乗るまで、ついていてくださいました。とっても感じの良い方でした。

こうして、ホールに対して好印象を持った状態で、いざ鑑賞へ!

最初のシーンからジキルが登場しますが、その時の私のジキルに対する第一印象は、『あ、クァンヒョンだ!』
”クァンヒョン”は、(説明するまでもなく?)チョ・スンウさんが演じたドラマ「馬医」の主人公ですが、ジキルの時はずっと、クァンヒョンとジキルが私の中でかぶっていたのでした。。

ルーシーのショーのシーンでの衣装は、昔の公演時の動画を観ていた時には、「かなりセクシーだなあ。」と思っていたのですが、今回はそれほどでもなく、後ろを向いたらかわいいスカートになっていました。
衣装も、10年の時を経る間に、色々と変化・改善されてきたのでしょうね。

ハイドが殺人の後炎を出すシーンが何度かありますが、これも昔の公演時の動画では、「結構大きな火で危なくないのかしら?」と思っていましたが、今回はそれほどでもなく、また、すぐに消えて、「これならもしこれが日本公演でも大丈夫かな。」と思いました。

断片の動画などで、これまでのスンウさんのジキルを観たことがありますが、今の年齢で丁度良い役なのではないかな、と私は思いました。

大変な思いをして、ソウルまで観に行って、本当に良かったです♪
素晴らしかったです♪
終了後は、場内オールスタンディングオヴェイションという感じでした♪
いつもきっとこうなのでしょうね。
この日観たものは、直前まで観ていたブロードウェイミュージカルのものよりも全てにおいて優れていたと感じました♪
特に歌が。主役の方々はもちろん、小さな役の方も、グループで歌われる方々も、お一人お一人が、本当に素晴らしいのですね♪
10年前のサントラの状態(http://34402263.at.webry.info/201410/article_3.html)から、ずっとずっと進歩したものでした!
その中でも、やはりルーシー役のリナさんが、ビックリしてしまうほど、凄かったのでした♪♪

また、ジキルの時には右手で字を書き、ハイドの時には左手で字を書くなど、韓国版の方が芸が細かく、舞台セットも2階建てやせり下がり、宙に上がるなど凝っていて、全体の雰囲気も上品な感じがしました。

カーテンコール後は、ジキルが一人ステージに残り、ジキルの時に髪を留めていたゴムを客席に投げ、”決めポーズ”をしてすべて終了!!!

久しぶりに、ものすごい衝撃!!でした♪

このキャストで、日本にぜひ来て欲しいですし、NHK BS の音楽番組などでも放送して欲しいですし、DVDもできたら欲しいし、今後、日本に字幕付きでライヴビューインクなどもして欲しいなと思いますが、このミュージカルカンパニーさんの方針?で、今はなかなか難しいようだ、ということをうかがっていますので、本当に本当に残念です…。

翌日は、主役キャストが少し変わりました。(また、別記事で。)



他の音楽ブログを読んでみる


■関連英語版記事:
http://iceskate-iceskate.blogspot.jp/2015/01/south-korean-musical-2014-2015-jekyll.html


**************************
11月24日の午後3時に、スンウさんの韓国のファンサイトより観客の皆さんにスンウさんの意思を伝えてほしいというお願いがアップされたそうです。

「スンウさん自身が、「ジキル&ハイド」については他の演目と違い、舞台の上で最高の演技を見せるため集中し努力していらっしゃるゆえに、今回の舞台については 出待ちは遠慮してもらいたいとのこと。」

もともと私は、”出待ち”等はしない方なのですが、この演目は特に、主役の俳優さんは1ステージごとに疲労困憊でしょうから、これからもし観にいかれる方がおられましたら、ぜひ、出待ちはしないように、宜しくお願い致しますね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
韓国ミュージカル 2014−2015「ジキル&ハイド」(12月7日)
※前日の記事はこちら→http://34402263.at.webry.info/201412/article_1.html ...続きを見る
iceskateのコンサートメモ
2014/12/22 01:56
韓国ミュージカル「NANTA」
2015年2月1日   池袋サンシャイン劇場 ...続きを見る
iceskateのコンサートメモ
2015/02/05 23:45
韓国ミュージカル「ラ・マンチャの男」 9月13日 2時の回
韓国 ソウル Dキューブアートセンター http://www.seoulnavi.com/shop/2661/ ...続きを見る
iceskateのコンサートメモ
2015/09/25 22:33
ミュージカル「ジキル&ハイド」 2016 JAPAN TOUR
2016年3月12日   東京国際フォーラム ホールC ...続きを見る
iceskateのコンサートメモ
2016/08/12 23:40

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
韓国ミュージカル初体感♪♪ 2014−2015「ジキル&ハイド」(12月6日) iceskateのコンサートメモ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる