iceskateのコンサートメモ

アクセスカウンタ

zoom RSS 韓国ミュージカル 2014−2015「ジキル&ハイド」(12月7日)

<<   作成日時 : 2014/12/22 01:55   >>

トラックバック 3 / コメント 0

※前日の記事はこちら→http://34402263.at.webry.info/201412/article_1.html

ジキル&ハイド: チョ・スンウさん(http://contents.innolife.net/listc.php?ai_id=2324
ルーシー: リナさん(http://www.playdb.co.kr/artistdb/detail.asp?ManNo=25102
エマ: チョ・ジョンウンさん(http://blog.goo.ne.jp/kyon2540/e/7f44b1a42ca1d05d4c59e4e1a5d9cdf9

■2次スポット動画:https://www.youtube.com/watch?v=u0WvRwpn5Cs

前日とは、メインのキャストは「エマ」役が違いました。主役キャストが一人違うと、だいぶん印象が違いますね。全体として、前日のキャストの方が良かったと思いました。

そして、この日のジキルは前日より怒りっぽい? ように感じました。。
スンウさん、睡眠不足? 前日の疲れが取れてない? (私の気分の問題かしら?)

ルーシーはこの日も、素晴らしかったです♪♪


この日も、予約確認書からのチケットへの交換はスムーズでした。しかし、予約確認書に「1 ticket」と書いてあるのに、「How many tickets?」と二日間共聞かれました。周りを見ると、アベックや子供連れがほとんど。韓国では、”ミュージカルそのもの”を観ることを目的に、一人で来る、という人はあまりいないのでしょうか…??

パンフレットらしき本を持っている人を、この日は数人見かけたので、再度ショップまで行って確認しましたが、販売されていませんでした。。。 ご招待客のみ、持っていたのかしら??

前日はVIP席のすぐ横のR席でしたが、この日は2階席でしたので、オペラグラスも使い、とくにハイドの表情が細かく見えて、面白かったです。
VIP席付近と2階席では、客層と雰囲気が違いますね。前日は、マナーも良く、若い女性でもヴィトンのバッグを持って…、という方々が周りにいましたが、この日は少々、マナーの良くない方々も周りに多かったようで…。

また、この日は高いところから観ていたので気がついたのですが、不思議に思ったのは、オケピの上にすっぽり屋根(?)があって、指揮者さんの首から上周辺しか出ていないことでした。
オーケストラが休憩時間等に練習している音が聞こえていたので、生オーケストラが入っていることには間違いないのですが、音が抜けないといけませんので、屋根(?)は、音が抜ける素材であると思いますが、こういう状態のオケピは初めて見ました。。 これは、俳優さんが、ステージから落ちた時のため、なのでしょうかね???

指揮者さんは、前日と同じ女性の方。(もしかしたら、前日とこの日のソワレもかしら?)
途中、休憩20分がありますが、3時間にもわたるミュージカルを、1日2回の日もありながら、女性一人の指揮者さんで回しているのかしら?? スゴイ!!!

そういえば、プロンプターがいませんね。韓国ミュージカルはいつもそうなのかしら? (10年目の方々も何人かおられますし、もう必要ないのかもしれませんね。)

前日は私も興奮していたのか気がつかなかったのですが、最初のシーンで、ジキルが『お父さん、お休みなさい。』と言った後に、結構長くジキルの歌があるのですが、これは、事前に観ていたブロードウェイのバージョンには無かったものでした。
スンウさんが力を入れて歌っていたようでしたので、歌詞をわかって聴きたかったなと思います。

また、よく観ている兵役時代にコンサート出演された時の動画(https://www.youtube.com/watch?v=Ouzw6GKCuHk)や、若い頃の断片動画(https://www.youtube.com/watch?v=DQRW8fDDOi8)や録音にはなかった、長く伸ばしている音が終わりに近づくに従って、大きなビブラートをかける、演歌歌手のようなスンウさんの歌い方(https://www.youtube.com/watch?v=d076AAAavsM の最後の方と同じ)が気になりました。この方が声が伸びるのかな? これは、スンウさんの歌について、私が唯一好きでないことです。。

それから、前日もそうでしたが、『This is the moment』が終わった後に、「ハァー」と一息ついてから次へ。
初演直前のインタビュー記事(http://japanese.donga.com/srv/service.php3?biid=2004072009578)で、「一曲歌い終わるたびに、誰か酸素呼吸機でも付けてくれれば、という気がするほどです。」と言われていたのを思いだしました。

また、前日はルーシーの「私の顔ひどいでしょ。」の後のジキルのセリフの後、会場が笑っていたのですが、この日はそれが違っていました。
前日、ジキルは何と言っていたのかしら??
せりふは、前日の記事に書きましたように、事前にブロードウェイミュージカルの動画で予習していましたが、スンウさんの日替わりの(?)アドリヴだけは、残念ながらわからず、楽しめませんでした…。

こうして、念願かなって2日連続で観終わって耳に残っているのは、意外にも『This is The Moment』を含む”ジキル”ではなく、”ハイドの悲しみ”と”ルーシー”です♪♪
とってもインパクトの強い”お二人”でした。



帰国の日、空港へ行く途中に立ち寄ったお土産屋さんで購入したお粥やお菓子や飲料も、ミュージカルホールの売店で買ったチョコレートクッキーも、どれもおいしくて、今、それらを毎日楽しみながら、ソウルでの時間を思い出しています♪

余談ですが、対日感情が良くない時期ですし、日本人だと思われない方が安全かな?と思って、できるだけ英語を使って用事を済ませようとしましたが、意外にも、若い人でも英語が通じない人が多いようでした。
「韓国の人口は日本の約半分ですが、TOEICの受験者数は日本とほぼ同等で、大変英語教育熱の高い国」とある雑誌で読んだことがありましたので、これは意外でした。日本語の方がまだ通じるようですね。
しかし…、わざわざ英語で通さなくても、そうした心配はあまり無いように感じました。


他の音楽ブログを読んでみる


■関連英語版記事:
http://iceskate-iceskate.blogspot.jp/2014/12/south-korean-musical-2014-2015-jekyll_25.html



******************
このミュージカルを観に行く前に、2015年の12月に、韓国で行われるミュージカル「オケピ!」(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%82%B1%E3%83%94!)に、チョ・スンウさんが出演する、というニュース(http://tvfan-k.kyodo.co.jp/news/star-news/103264)を知りました。
日本発祥のミュージカル、ということで、日本と何らかの関わりのあるイヴェントや、来日公演?などを、期待してしまいます♪

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
《DVD》ミュージカル「オケピ!」
http://34402263.at.webry.info/201412/article_2.htmlの下の方に、少し記載していますが、2015年の12月に、チョ・スンウさんがこのミュージカルの韓国版に出演する、というニュースをみまして、観たことのないものでしたので、早速、DVDで観てみました。 ...続きを見る
iceskateのコンサートメモ
2015/01/18 20:28
ミュージカル「ジキル&ハイド」の名曲たち
TVドラマ「馬医」で俳優、チョ・スンウさんのファンになり、ぜひスンウさんのミュージカルを観てみたいと思っていたところ、運よくチケットも入手でき、初めて観たミュージカルがスンウさんの代表作「ジキル&ハイド」(http://34402263.at.webry.info/201412/article_2.html)でした。 それまで知らないミュージカルでしたが、名曲の宝庫ですね♪ ネット上では、色々な俳優さんの歌がたくさんあるので、それらをこちらにまとめて、このミュージカルの曲が聴きたくなっ... ...続きを見る
iceskateのコンサートメモ
2015/05/31 23:52
ミュージカル「ジキル&ハイド」 2016 JAPAN TOUR
2016年3月12日   東京国際フォーラム ホールC ...続きを見る
iceskateのコンサートメモ
2016/08/12 23:40

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
韓国ミュージカル 2014−2015「ジキル&ハイド」(12月7日) iceskateのコンサートメモ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる