iceskateのコンサートメモ

アクセスカウンタ

zoom RSS 韓国ミュージカル「NANTA」

<<   作成日時 : 2015/02/05 23:45   >>

トラックバック 0 / コメント 0

2015年2月1日   池袋サンシャイン劇場

キッチンを舞台にコックに扮したキャストたちが繰り広げる韓国発のノンバーバル・パフォーマンス。
日本公演公式HP→http://www.nanta.jp/

ソウル旅行(http://34402263.at.webry.info/201412/article_1.html)の際に、ガイドさんから「世界的人気のミュージカルで、ノンバーバルだから韓国語が分からなくても大丈夫」と勧められていたミュージカル。
しかし、滞在のホテルが繁華街から少し遠いところだったこともあり、観るのをあきらめていましたが、日本公演の情報を見つけたので、喜んで行って来ました。

パワフルで素晴らしかったです。
観客との交流も幾つかあり、親しみやすく、出演者の皆さんは、打楽器奏者として、ミュージカル俳優として、本当に素晴らしいのですね♪

本当に切れる包丁とまな板での素晴らしい乱打(=NANTA)がありましたが、もうまな板が真正面から見ると平らでない形になるほど、削れていました。
出演の俳優さんたちは、ものすごい訓練が必要でしょうね。

「マネージャーの甥っ子」役の俳優さんが、チ・チャンウクさん(現在NHK−BSで放送中の『奇皇后』(http://www9.nhk.or.jp/kaigai/kikogo/)にタファン役で出演されていますね)に何となく似ているな〜と思いました。

そして、アンケートにはもちろん、「現在ソウルで公演中の、O/Dミュージカルカンパニーの『ジキル&ハイド』(http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2004160)を日本に呼んでほしい」とリクエストして来ました。



他の音楽ブログを読んでみる




***************************
チ・チャンウクさんといえば、2013年4月3日に東京芸術劇場コンサートホールで行われた「5th 日韓友情フェスタ2013」にゲスト出演されました。
私は彼が主演したドラマ「ペク・ドンス」が大好きで、また、このイヴェントでは、「ペク・ドンス」(http://34402263.at.webry.info/201301/article_2.html)他、日本で人気のある韓国ドラマの曲をオーケストラで演奏する企画もある、ということで、行ってきました。

仕事帰りに向かったので、長いイヴェント時間の最初の方は観られず、バラダン(http://www.baladin.net/バラダン-について/)による曲の演奏は最後の方が少し聴けただけで残念でしたが、大好きな「ペク・ドンス」の曲が生演奏で聴けたので、まあ、良かったです。なかなか素敵なアレンジ・演奏でした♪

チ・チャンウクさんは、ドラマから感じるイメージそのままの、好青年のようでした。
翌々日には韓国でのミュージカル本番という時で、のどの調子も相当悪かったのに、何曲か一生懸命歌ってくれて、その姿を観ているのがかわいそうなくらいでした。

ドラマ撮影時の写真を観ながらのお話もありました。

その後のゲームは、スタッフの手際が悪かったり、司会者の方も、チ・チャンウクさんを前に興奮しすぎな感じで、せっかく彼がまじめに一生懸命に出演してくれているのに、もう少しこちらも落ち着いて、良い交流ができたら良かったのに、と思いました。

翌日には、このイヴェントの企画の一つである、ファンとの高麗郷への旅だったとか。
そのときの様子はこちらへ↓。独占インタビューの動画もあります。
http://ameblo.jp/ponycanyonkdp/entry-11551327213.html

人気につぶされず、このまま大俳優になってほしいなあ、と思いました。
ミュージカル本番を前にしての日本での長いイヴェント、お疲れ様でした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
韓国ミュージカル「NANTA」 iceskateのコンサートメモ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる