iceskateのコンサートメモ

アクセスカウンタ

zoom RSS 積水ハウスプレゼンツ 西本智実&イルミナートバレエ 白鳥の湖

<<   作成日時 : 2015/08/12 19:03   >>

トラックバック 0 / コメント 0

2014年8月17日 パルテノン多摩 大ホール

芸術監督・指揮:西本智実さん
オデット:中村美佳さん
オディール:寺島ひろみさん
ジークフリート:法村圭緒さん
ロットバルト:ビクトル・コスタコフさん
振付:玄玲奈さん

この日、久しぶりに西本智実さんのコンサート、オペラ、バレエを観に行きました。
そして、西本さん指揮の本格的なバレエ「白鳥の湖」を観たのは、多分、この時が初めてだと思います。

今年(2015年)の9月に、新国立劇場で同演目があるようですが、同じものかしら?

私が子供のころの夢の一つに、「バレリーナになりたい。」というのがありました。が、「バレエでは食べていけないから、他の職業にしなさい。と、よく親から言われていました。

そういう経済状況もあってか、日本のバレエは、海外のバレエ団に比べると、あまり質が高くないなあ、と長いこと思っていましたが、最近のコンクールでの成績や、今回のステージを観て、日本のバレエの水準も上がったなあ、と思いました。
特に、”ロットバルト”と”4羽の白鳥”と”道化役”が素晴らしかったと思います。
”4羽の白鳥”は、結構海外のバレエ団でも、そろっていないことがあるようですが、今回のステージは、細かいところまで本当によくそろっていました。

また、群舞も上手くて、細かいところまで丁寧で迫力があり、主役3人がその分小粒に見えてしまったところもありありましたが、黒鳥が王子と踊っている時、ロットバルトとアイコンタクトをしていたり、王子から見えないところで、「ヤッタワ!」という表情をしていたのが、印象的でした。

衣装も本格的でとても素敵。まるでサンクトペテルブルクの劇場に居るみたいでした(行ったことは無いですが…。)

バレエだからか、私にしては珍しく、結構前の方の席を買っていたので、オケピの西本さんの動きも首から上はよく見えました。ソロが終わる度に、指揮棒と手で拍手!
やはり私は(も?)、西本さんの動きを観ながら音楽を聴くのが、一番、その音楽を楽しめます。
会場の拍手も、時々、指揮で止められていたような…。

オーケストラの演奏も、迫力があってとても良かったです。

休憩ごとに、オーケストラの方も客席の横を通って控室(お手洗い?)に行かれるのが見えるのも、観客としては面白かったのでした。

全体として、とても良いものが観られました。

本公演についてのインタビューがこちらにありますね。
http://ent.living.jp/column/nakai/26961/

さきほど、久しぶりに西本智実さんの公式サイトをチェックしましたら、この公演?のDVDが出ているようですね。


他の音楽ブログを読んでみる



************************

さて、NHK−BSプレミアムで放送中の韓国TVトラマ「馬医」ですが、そろそろ終わりに近づいていますね。
このドラマは、劇中の音楽もとても美しくて好きです。
そのエンディングテーマ♪「ただ一つ」の韓国語オリジナルバージョン(by 歌手ソヒャンさん)の動画こちらにあります。


そして、その曲を日本語でカバーされている方がいらっしゃるのですね♪
城 南海(きずきみなみ)さんの♪「ただ一つ」 の動画です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
積水ハウスプレゼンツ 西本智実&イルミナートバレエ 白鳥の湖 iceskateのコンサートメモ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる