iceskateのコンサートメモ

アクセスカウンタ

zoom RSS 長編オペラ映画「蝶々夫人」

<<   作成日時 : 2005/09/05 12:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

コンサートではないけれど、私の中では同様のものなのでここへメモしておくことにした。
本物のオペラは値段が高いけれど、”オペラ映画”だとお手ごろ価格で、映画ならではの演出もできて、キャストも外れが無いので、気軽に見に行けて良い。

蝶々夫人:ミレッラ・フレーニ
ピンカートン:プラシド・ドミンゴ
指揮:ヘルベルト・フォン・カラヤン
演奏:ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
演出:ジャン・ピエール・ボネル
(1974年/ドイツ映画)

このオペラを通しでみたのは初めてだったが、重たいテーマのオペラ。
イタリア人(?)のフレーニさんが、よく当時の日本人女性の蝶々さんを理解していて素晴らしい演技だった。
蝶々さんの親戚の方や、ピンカートンさんの後に紹介されるお見合いの相手の衣装が歌舞伎役者のようで、すごい演出だと思った。見ていて面白かったが、当時の日本の服装は、あのように思われていたのだろうか???

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
長編オペラ映画「蝶々夫人」 iceskateのコンサートメモ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる