iceskateのコンサートメモ

アクセスカウンタ

zoom RSS ゲルギエフ/マリインスキー歌劇場管弦楽団

<<   作成日時 : 2006/02/01 23:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

1月27日(金)   ミューザ川崎シンフォニーホール

ムソルグスキー:歌劇「ホヴァンシチナ」より前奏曲「モスクワ河の夜明け」
チャイコフスキー:バレエ「くるみ割り人形」Op.71より
   (序曲、クララとくるみ割り人形、くるみ割り人形とねずみの王様の戦い、
    クリスマスツリーの中で、情景と雪片のワルツ、パ・ド・ドゥ、終幕のワルツ)
ショスタコービッチ:交響曲 第5番 ニ短調 Op.47「革命」

一昨年、ゲルギエフさん指揮のロッテルダムフィルを聴きましたが(曲目はプロコフィエフのロメオとジュリエット)、その時は客席も結構あいており、演奏も私としてはあまり面白く感じなかったのです。ゲルギエフさんの指揮でも、オーケストラのレベルの違いにより(?)、こういうこともあるのだなー、と思ったものでした。今回は「どうかしら?」と思いながら出かけました。

オーケストラを斜め後ろから見る席で、このホール特有(?)の、足元が斜めで自席につくまでかなり違和感がありましたが座ってしまえば気になりませんでした。このホールは、演奏者と1階席の観客が本当に近いですね。それが良く見える席でした。

ゲルギエフさんが指揮し、このオーケストラが演奏しているその「絵」が何とも素敵でした。そして、「これが本物のチャイコフスキーよ!」という演奏で、”本物の音を聴いた!”という気が致しました。早くロシアに行って、マリインスキー劇場かムソルグスキー劇場で、ゲルギエフさんかアニハーノフさんか(西本)智実さんの指揮で、バレエ付きで本場で演奏を聴きたくなりました。

「くるみ割り人形」はチャイコフスキーさんの代表的な曲ですが、曲目解説に、「実はチャイコフスキーは子供向けの物語にあまり気乗りせず、1890年頃に依頼をうけたが作曲はなかなか進まず、締め切りをのばしてアメリカに旅行したのち1892年5月に完成した。」とあり、意外でした。アメリカ旅行、という気分転換(?)が良かったのでしょうか? そして、気乗りしなかった曲が、こんなに後世にまで世界で愛される作品になると、ご本人は思っていたでしょうか?
大好き!!な「花のワルツ」がプログラムになくて残念!(もしかしてアンコールで? と思っていましたが、ありませんでした…。)

今度、このホールのパイプオルガンに触れる企画のコンサートに来るので、休憩時間中、パイプオルガンの近くに行って眺めました。ペダル鍵盤付近にもレバー(ストップ?)がたくさん。エレクトーンでいうエクスプレッションペダルのようなものも3つあり。手鍵盤の横はストップではなく、ボタンなっていて、電気がつくように見えました。最近はかなり”電子オルガン”化(?)しているのですね。

次は「革命」。一昨年の智実さんの「革命」ツアーの時の演奏を思い出し、ゲルギエフさんの「革命」はどのようなものだろうかー、と楽しみにしていました。
今年はショスタコービッチ生誕100年のショスタコービッチイヤーなのですね。(モーツァルトイヤーに押されて(?)、あまり聞きませんね。ちなみにこの日はモーツァルトのお誕生日でした。)
「革命」は本当に美しくて素晴らしい曲。この日の演奏は、すべての楽器が一つ一つの音符を深ーーく掘り下げた演奏、という感じのものでした。
この日から、毎日智実さんの「革命」のCDを聴いています。

この日の観客はマナー良く、静かでしたので集中できました。
終演後、オーケストラがステージ袖に戻られてからも、観客の拍手に応えてゲルギエフさんがステージに戻ってこられました。半数以上がスタンディングオベーションでした。






======================================================================
今年は戌年。人間のために頑張ってくれている盲導犬と聴導犬の活動にご協力を♪
盲導犬 http://www.gomoudouken.net/
聴導犬 http://www1.kamakuranet.ne.jp/ikusei/
     (↑トレーナーを買いましたが、しっかりした作りでとても暖かいです。) 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
ゲルギエフ/マリインスキー歌劇場管弦楽団 iceskateのコンサートメモ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる