iceskateのコンサートメモ

アクセスカウンタ

zoom RSS どりーむコンサート 日本フィルが贈る《シェエラザード》

<<   作成日時 : 2006/11/24 00:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

11月23日       府中の森芸術劇場 どりーむホール  

<指揮>西本智実さん    <ピアノ>横山幸雄さん
<管弦楽>日本フィルハーモニー交響楽団

1.シベリウス:組曲《カレリア》より行進曲
2.ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第3番
3.リムスキー=コルサコフ:交響組曲《シェエラザード》
♪アンコール♪ チャイコフスキー:《くるみ割り人形》より 花のワルツ

開演前に、昨年、西本智実さん指揮&日本フィルの演奏でチャイコフスキーさんの「交響曲5番」を聴いて大感動!!したのもこのホールだったなあ…、と思い出していました。

お客さんが入って来ていても、ホールでまだ練習しているオーケストラ団員も数人いらっしゃり、熱心だなあ、と思いました。このオーケストラは管楽器は若い方が多いですね。
西本さんは、髪を少し短くし(とても似合っていました)、そのせいか、また少し痩せられたように見えました。(衣装のパンツ、少し細身にされたのかな?)

「組曲《カレリア》より行進曲」は、以前に西本さん指揮のコンサートのアンコールで初めて聴いた、やはりシベリウスさん作曲の「アンダンテ・フェスティボ」という曲がとても気に入り、手に入れたCDに一緒に入っていた曲。この行進曲は、コンサートのオープニングに良いですね。

「ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第3番」は、演奏技術は本当に難しそうですが、プログラム・ノートにありました通り「平静な精神状態の安定した音楽」で心休まりますね。落ち着いた雰囲気のカフェのBGMで流れていたりすると良いなあ、そんなところで読書に耽りたいなあ、なんて思いながら聴きました。
横山幸雄さんは、とても音楽性豊かな方と思いました。以前にベートーヴェンさんのコンチェルトを聴きましたが、今日の方がずっとずっと素晴らしい演奏でした。ロシアものの方がお得意なのかな?
今日はピアニストの演奏を前面に出した、とても心地よい演奏。

《シェエラザード》は、特にコンサートマスターのソロが「手の内に入っているなあ」という感じで素晴らしかったです。

アンコールは、最近西本さん指揮のコンサートでよく聴く《くるみ割り人形》より 花のワルツ。(今日は最後のところ、大きく回したのは”右腕”。) このアンコール後の拍手もとても大きかったですね。スタンディングオヴェーションしているおば様もおられました。

さて今年、私が行く西本さん指揮のコンサートは、ジルベスターコンサートを残すのみとなりました。
今年も、どうやら私は(音楽の)目標は達成できずに終わりそうですが、ここ数年、西本さんのコンサート通いを中心にとても充実し、お陰様でどんどん成長している自分を実感できているので、まあ、”良し”としましょうか…?。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
くるみ割り人形
娘の幼稚園でクリスマスの劇がありました。 ...続きを見る
セミリタイアただいま準備中
2006/12/16 21:31
ロシア・ナショナル管弦楽団  ピアノ:上原彩子
6月2日   横浜みなとみらいホール 大ホール 指揮:ミハイル・プレトニョフさん ...続きを見る
iceskateのコンサートメモ
2007/06/03 00:17

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
どりーむコンサート 日本フィルが贈る《シェエラザード》 iceskateのコンサートメモ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる