iceskateのコンサートメモ

アクセスカウンタ

zoom RSS ジルベスターコンサート in さいたま 2006−2007

<<   作成日時 : 2007/01/02 17:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 0

2006年12月31日〜2007年1月1日    
さいたま市文化センター 大ホール
指揮: 西本智実さん http://www.tomomi-n.com/
司会: 頼近美津子さん オーボエ: 宮本文昭さん  
ヴァイオリン:奥村愛さん バリトン:宮本益光さん
管弦楽: SCS祝祭管弦楽団(東京フィル・東響・日本フィル・新日本フィルからの混成)
http://saitama-culture.jp/topics_bunka/event/20061231silvester.htm

〔PARTT〕
・ワーグナー:楽劇「ニュルンベルクのマイスタージンガー」第一幕への前奏曲
・ビゼー:歌劇「カルメン」より闘牛士の歌(バリトンと)
・ラベル:ツィガーヌ(ヴァイオリンと)
・マルチェロ:オーボエ協奏曲・第2楽章(オーボエと)
・ベルリオーズ:ラコッツィ行進曲「ファウストの劫罰」より

〔PARTU〕 
モーツァルトイヤーの締めくくりにふさわしく、カウントダウン曲意外はオールモーツァルトプログラム。やはり西本さんにモーツァルトさんの曲、似合いますね。
そして、ここから〔アンコール〕前までテレ玉で生放送。
・モーツァルト:歌劇「フィガロの結婚」序曲
・モーツァルト:歌劇「魔笛」よりパパゲーノのアリア・私は鳥刺し(バリトンと)
・モーツァルト:セレナード第13番「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」第1楽章
・モーツァルト:オーボエ協奏曲・第1楽章(オーボエと)
・チャイコフスキー:交響曲第4番・第4楽章(カウントダウン!)
==================================================
・ヨハン・シュトラウスU世:歌劇「こうもり」序曲(ニューイヤーオープニング!)
・ヨハン・シュトラウスU世:春の声(ヴァイオリンと)
・ヨハン・シュトラウス:ラデツキー行進曲

〔アンコール〕
・ヨハン・シュトラウス:皇帝円舞曲

聴いたことが無い(と思われた)曲が幾つかあったのに、年末は慌しく、CDを予め聴いておくのをすっかり忘れていて、会場に入ってから「しまった…。」と思ったけれど、実際に聴いてみたら”聴いたことのある曲”、というのがほとんどでした。

これだけたくさんの曲を、複数人のソリスト、混成オーケストラ、そして初めてのカウント・ダウンあり、ということで、西本さんの準備とリハーサルはとても大変だっただろうなー、と想像致します。
一夜だけの(?)混成オーケストラだと、やはりアンサンブルを即席で創り上げるのは、なかなか難しいのね〜、と思ったのは一部の間だけで、TV放送の始まる二部に入ったら、オーケストラの音がとても引き締まり、どの曲も素晴らしい演奏となりました。

中でも、私のとっての今回の「一番」は、何と言っても「ラデツキー行進曲」!
西本さんの指揮で手拍子が出来てとても幸せでした。(西本さんの指揮で何かをするのは、初めての経験。) 「何をしなさい。」と指示されているのか、とっても良く分かりました(笑)。このシチュエーションが、いつかそのままウィーンの楽友協会 大ホールで行われることを、手拍子しながら夢みていました…。新年初日から素敵な夢を見させて頂きました。

一部では、ソリストの方の”それぞれの2006年”についてのお話を聴きながら、「私の2006年は…。そして西本さんにとっての今年の一年は…?」などと考えていました。

宮本益光さん、第一子のご誕生、おめでとうございます! お話の楽しい気さくな方ですね。二部の「私は鳥刺し」では、袴姿でご登場!

奥村愛さんは、数年前に聴いた時よりずっと存在感が増して、今日の演奏は聴きごたえがありました。

宮本文昭さんは、さすがに”世界第一級の音”。一部でも、マルチェロさんの「オーボエ協奏曲」の時だけはオーケストラもとても良かったです。

そして、今日一番楽しみにしていた、西本さんにとっても初めてのカウントダウン。世界のジルベスターコンサートの中で、”カウントダウン”で新年を迎えるのは日本だけだそうですね。素敵なこと(!?)を考えて下さった方に感謝です! 直前のCMの時間に、西本さんは指揮台の上で軽く体操。「ちょっと早く終わるかな…?」と心配しましたが、最後はピッタリでホッ!!!
お見事でしたー!! 感動!! しかし、きっと時計を見ながらチャイコフスキーさんの曲を指揮するのは、しんどかったのですね…。

モーツァルトさんの「オーボエ協奏曲」の演奏開始直前に、宮本文昭さんと西本さんが何やらお話。演奏上の打ち合わせでしょうか…?? そして、演奏終了後に握手2回。コンサートの最初から最後まで、極めて楽しく良い雰囲気のお二人でした。宮本文昭さんの様な世界的なソリストと西本さんの共演、嬉しいです。

西本さんの指揮でヨハン・シュトラウスさんのワルツを(私が)聴いたのは多分初めてと思います。テンポがコロコロと変わるのでコントロールが難しそうですが、この方の曲もとても西本さんにお似合いですね。

盛りだくさんの内容でとってもお疲れだったでしょうに、アンコールまでして頂き有難うございました。とても幸せでした!

コンサートで高揚していたせいか、帰りの方が、行きよりも外が暖かく感じました。とても楽しく素晴らしい”2006年の締めくくり→2007年の初まり”でした。出演者の皆さん、有難うございました! 今年も精一杯生きて行こうと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
西本智実のヴェルディ 〜東響コーラス創立20周年記念〜
4月7日                ミューザ川崎シンフォニーホール ソプラノ:菅 英三子さん      メゾソプラノ:林 美智子さん テノール:吉田 浩之さん      バリトン:宮本 益光さん 管弦楽:東京交響楽団       合唱指揮:山神 健志さん ...続きを見る
iceskateのコンサートメモ
2007/04/08 00:57
西本智実 with 日本フィルハーモニー交響楽団
11月1日    サントリーホール大ホール フルート:南部靖佳さん ...続きを見る
iceskateのコンサートメモ
2007/11/04 17:41
山形由美とヴェネツィアの仲間たち
12月3日 世界障害者デー  難民を助ける会 チャリティーコンサート 横浜みなとみらいホール 大ホール   ...続きを見る
iceskateのコンサートメモ
2007/12/11 10:29
記事参照数トップ10(2006年12月〜2007年11月):2008年1月12日時点の集計
前回(http://34402263.at.webry.info/200701/article_5.html)、この集計をしてみて結構面白かったので、続きを集計してみることにいたしました。 ...続きを見る
iceskateのコンサートメモ
2008/01/16 23:29

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
ジルベスターコンサート in さいたま 2006−2007 iceskateのコンサートメモ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる