iceskateのコンサートメモ

アクセスカウンタ

zoom RSS エレクトーン誕生50周年記念コンサート by 平部やよい & 廣田奈緒子

<<   作成日時 : 2009/05/10 22:50   >>

トラックバック 3 / コメント 0

5月1日   相模原南市民ホール

この「エレクトーン誕生50周年記念コンサート」は、現在、全国各地で行われています。
詳細はこちらへ。→http://electone.jp/50th/concert/index.php

エレクトーン50周年記念サイト:
http://electone.jp/50th/index.html
「Electone History」のページを改めて眺めてみると、知らない機種もた〜くさんありますね。
小学校5年生でエレクトーンを始めることになり、初めて買ってもらった機種は、私がどこまで続けるかまだわからない、ということで、とりあえずの(確か)「C-4」の中古でした。 
その後、中学生くらいの時に、当時の標準機種だった「D-60」に買い換えてもらい(本気になってしまった!? 途中で練習中にペダル鍵盤1本を折ってしまい、ペダルのみ新しく取り替えてもらって使っていました)、大学生の時に、当時”夢の楽器”といわれていた「HS-8」に買い換えてもらいました。
まだこの「HS-8」が元気なので、家ではこれにお世話になっています!
(超高級なグランドピアノやストラディヴァリウスは別として(!))、他の楽器に比べれば資本がかかっていますね…。しかし、エレクトーンをずっと習っている人の中では、練習室のレンタル状況等に恵まれ、楽器への投資は低くて済んでいる方だと思います。
ちなみに、エレクトーン第1号機である「D-1」には、浜松市楽器博物館でお会いして来ました(http://34402263.at.webry.info/200708/article_4.html)。

さて、コンサートについて。会場入り口には、上記「Electone History」のポスターが展示されていました。
ステージには、「STAGEA」のプロフェッショナルモデルとカスタムモデルが1台づつ。
1部は廣田奈緒子さんのステージ。

廣田奈緒子さんについて:
http://www.yamaha-mf.or.jp/el-player/hirota/archive.html
ご本人のこのコンサートについてのBlog記事:
http://naoko705.at.webry.info/200905/article_1.html
以前、柏木玲子さん(http://www.yamaha-mf.or.jp/el-player/kashiwagi/profile_biography.html)の新作初演時の演奏を聴いたことがありますが、とてもハートのある、表情豊かな演奏をされる方で、演奏されている時の手の動きの美しいこと!!

1)Annniversary (作曲:廣田奈緒子)
大学時代にお世話になった先生が退官されるということで、記念に作曲された曲。とても心に残る美しい曲でした。

2)子犬のワルツ (作曲:ショパン)
3)エリーゼのために (作曲:ベートーヴェン)
5)赤とんぼ (作曲:山田耕作)

廣田さんの手にかかるとこれらの曲がこうなってしまうのか!? 特に「エリーゼのために」はスパニッシュ調の見事なアレンジ! アイデアというか、センスというか…。
現在、エレクトーン演奏グレード2級でいらっしゃるそうですが、何でも素材として、自分なりにイメージを膨らませ、STAGEAの音色・機能を使いこなし、”自分の”音楽の世界を表現出来る事が、このレベルには必要なのだな、と思いました。

4)スキップ♪ (作曲:廣田奈緒子)
意外にも、子供の頃は作曲は苦手だったとか。一日中楽器の前に座っていてもなかなか出来なくて、やっと初めて作曲したのがこの曲だそう。(そういった方が、音大の創作演奏に進まれる、ということもあるのですね…。)
ハ長調、1度&5度の単純な曲ですが、プリセットの「レジストレーションメニュー」(あらかじめ音楽のジャンルによって音色やリズムがセットで設定されているもの)の「チャールストン」のみの音色を使用し、これも上記2)3)5)同様に、卓越したアレンジで聴かせていただきました。

6)Belle Lumiere (作曲:廣田奈緒子)          
日本語では「美しい光」。
「北海道のガラス工芸ショップのレジのそばにあったクリスタル。それに願いを託して外の木に結ぶと願いが叶うとの事で、買って結んだ。寒い日だったが、その木の周りのみ暖かい空気が流れ、その木がとても幸せそうに見えた。」
その時の気持ちを音楽に残しておきたいと思い作曲された、という曲。
本当に素晴らしく美しい曲で感動し、演奏後、スタンディング・オヴェーションしてしまおうかと思いました!!!

2部は平部やよいさんのソロ7曲と、平部さんと廣田さんのアンサンブル。
平部さんは、今回、エレクトーンの歴史とともに、ピアノやパイプオルガンの歴史も調べられたそう。エレクトーンの歴史は浅いが、その分、ギュッと凝縮されていますね、とのこと。日本の高度経済成長期の技術の進歩に乗って、本当に素晴らしい変革を遂げた楽器だと思います。

平部やよいさんについて:
http://www.yamaha-mf.or.jp/el-player/hirabe/archive.html

1)Fly Over The World (作曲:平部やよい)
JOC(http://www.yamaha-mf.or.jp/joc/)のオープニング曲。いつか弾きたいと思い楽譜は買ってありますが、新曲を1曲仕上げるのに最近は時間がかかるので、なかなか取り組めませんね…。

2)Wit Minuet (作曲:バッハ)
CD「彩響」(http://www.amazon.co.jp/gp/product/B00005EOBF/ref=cm_cr_thx_view)に収録されている演奏とは違う音色で(もちろん、エレクトーンの機種が違いますので…。)。私は「彩響」に収録されている演奏の音色の方が好きでした。

3)暁の光にもにて (作曲:平部やよい)
5)Mobius Circle (作曲:平部やよい)
6)Sound Gallery (作曲:平部やよい)

この3曲は、最新のCD「煌響」より(視聴サイト→http://mysound.jp/artist/detail/aX52B/list/)。大好きな「Sound Gallery」が生で聴けて嬉しかったです。(アドリブ部分は?)CDとは少し違うアレンジで。

4)街が暮れる時 (作曲:平部やよい)
これは懐かしかったです! HS-8の自動デモ演奏のCD-ROMに収録されていて、よく知っている曲なのですが、初めてウィーン&ハンガリー旅行に行った際、ツアーでしたので、観光の最後にウィーンの伊勢丹デパートに(お決まりで)寄るわけですね。そこで、自分用も含め色々とお土産を選んでいたところ、閉店時間を知らせる音楽として店内に流れてきたのがこの曲でした。「おー! ウィーンに来てまで平部さんの音楽が聴けるとは!?」と、びっくり&大変感激したものでした。
たまに、コンサートでこうして演奏されているようですね。とても素敵な小品ですので、CDもぜひ欲しいですし、自分でもぜひ弾きたいと思います。

7)Catch a Beam (作曲:平部やよい)
平部さんご自身が懐かしく、昔、オーケストラやエレキギターと共演された曲だそう。平部さんらしい、ヤマハエレクトーンらしい、元気が出る美しい曲だと思います。

続けて、平部さんと廣田さんのアンサンブル。

1)メタモルフォーシス (作曲:平部やよい)
2)Blue Rondo A La Turk (作曲:デイブ・ブルーベック)

特に「Blue Rondo A La Turk」の方はぶっつけ本番に近かったそうですが、ちょっとハプニングもありましたが、たっぷりお二人の迫力あるアンサンブルを聴かせて頂きました。

こうした素晴らしいエレクトーンプレイヤーの方々のCDを、ヤマハの店頭だけでなく、どんどん色々なCDショップに持ち込んで、店頭でかけてもらうべきだと思います(生徒である私たちがやるべき?)。”音楽を聴く耳”のある人だったら、絶対に足を止めるはず、と思います♪

終演後、平部さんのサイン会がありました。私を見るなり平部さん、「どちらかの講師の方ですか?」。私が年をとっていたからか…? 楽器柄のスカートをはいていたからか…??(笑) 11月のオーケストラとの共演のコンサートについて等(詳細は、近くなったらご自身のホームページでお知らせくださるとのこと)、少しお話をすることが出来ました。

今回のコンサート、ちょっと遠かったですが、行って本当に良かったです。その後の自分の演奏も変わってきました。

さて、この記念すべきエレクトーン誕生50周年の年に、20年以上お世話になった先生が定年退職されることになり(本当にエレクトーン以外の音楽全般についても、色々と教えて頂けた先生でした)、現在、次の先生を広い選択肢から探している状況です。私にとっては、人生の大きな転換の年となったエレクトーン誕生50周年です…。


他の音楽ブログを読んでみる






***********************
安全な暮らしについての情報:
http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/anzen/sub0.htm

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
記事参照数トップ10(2008年12月〜2009年11月の記事):2010年1月10日時点の集計
毎年恒例の「記事参照数トップ10」。2008年12月〜2009年11月の間にアップした記事(総数79)の中から、参照数で多かった順に並べてみました。 ...続きを見る
iceskateのコンサートメモ
2010/01/11 16:24
《CD》廣田奈緒子「Belle Lumiere」
今年8月のライヴでCDの紹介があり(http://34402263.at.webry.info/201009/article_2.html)、とても楽しみにしていたCDが届きました♪♪♪ ...続きを見る
iceskateのコンサートメモ
2010/12/06 00:24
伊勢丹へ行かねば!♪
大阪駅に伊勢丹と三越が新たに開店したことにより、平部やよいさん(http://www.yamaha-mf.or.jp/el-player/hirabe/profile_biography.html)作曲の伊勢丹デパートの開店・閉店の音楽(「愛が目覚める日」:Come from the Earth / Back to the Valey(Opening)と、「街が暮れる時」(Ending))がリニューアルされ、10月頃から東京などの伊勢丹デパートで聴けるのですね♪♪ ...続きを見る
iceskateのコンサートメモ
2011/07/16 19:28

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
エレクトーン誕生50周年記念コンサート by 平部やよい & 廣田奈緒子 iceskateのコンサートメモ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる