iceskateのコンサートメモ

アクセスカウンタ

zoom RSS 《映画》METライヴビューイング2007-2008:ヴェルディ「マクベス」

<<   作成日時 : 2009/09/21 14:54   >>

トラックバック 0 / コメント 0

9月12日   東劇

※METライブビューイングとは、メトロポリタンオペラ歌劇場で収録されたオペラ公演映像のスクリーン上映です。欧米の劇場には、同時配信。http://www.shochiku.co.jp/met/

又、ヴェルディ。「マクベス」について:
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%82%AF%E3%83%99%E3%82%B9_(%E3%83%B4%E3%82%A7%E3%83%AB%E3%83%87%E3%82%A3)

マクベス:ジェリコ・ルチッチさん(ラード・アタネッリさんの代役)
マクダフ:ディミトリー・ピタスさん(ロベルト・アロニカさんの代役)

お2人とも代役でしたが、素晴らしかったです。引き込まれました。

予習で読んで行ったものによると、「大変不気味なオペラ」ということで、もっと暗く、重苦しい場面と音楽が続くのかと思っていましたが、冒頭の魔女たちは結構笑えましたし、音楽は思ってきたよりもずっと華やかでリズミカルで明るく美しく、大変面白かったです。
難民のシーンは原作には無く、ヴェルディさんが作ったものなのですね。

演出は、20世紀の設定。「現代に通じる部分が多いオペラなので」と演出家の方。

マクベス夫人がマクベスに王の暗殺を提案するシーンのリハーサル風景が映りましたが、一流の歌手と言うのは、仰向けであろうとどんな体勢であろうと、ちゃんと声が出るのですね。
今回のマクベス夫人役は、マリア・ゲルギーナさんでしたが、歌唱力・演技力共に素晴らしかったです。特に夢遊病の場面が際立っていました。

合唱団もオーケストラも、ここMETはいつも、どんな演目でも素晴らしい! いつも冴えていますね!

幕間や休憩時間が、スタッフは1番忙しいですね。スコアを見ながら、ずっとスタッフに指示が出されていました。

今回のお客さんには、外人もいました。

このオペラは難しく、滅多に上演されないそうですが、音楽も綺麗ですし、ストーリーも面白いので、もっとメジャーになって頻繁に上演される様になって欲しいと思いました。しかし、最後がストーリーが少し飛んでいるかな?と感じました。マルコム王がマクベスに殺されたバンコーの息子?(白人が成人したら黒人になった??)

(この公演は、以前にNHKで放送されましたね。)



他の音楽ブログを読んでみる






*****************************
10月23日 難民を助ける会 ジャズライブと社会貢献
会場:Jazz Live Spot SOMEDAY (サムデイ) Tokyo
http://www.aarjapan.gr.jp/lib/event/event091023-jazzconcert.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
《映画》METライヴビューイング2007-2008:ヴェルディ「マクベス」  iceskateのコンサートメモ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる