iceskateのコンサートメモ

アクセスカウンタ

zoom RSS ミラノ・スカラ座来日公演「ドン・カルロ」全4幕 イタリア語版

<<   作成日時 : 2009/10/02 01:41   >>

トラックバック 2 / コメント 0

9月17日   東京文化会館

指揮:ダニエレ・ガッティさん
作曲:ジュゼッペ・ヴェルディさん
演出・舞台装置:シュテファン・ブラウンシュヴァイク さん
合唱指揮:ブルーノ・カゾーニさん

フィリッポ二世:ルネ・パーペさん
ドン・カルロ:ラモン・ヴァルガスさん
ロドリーゴ:ダリボール・イェニスさん
宗教裁判長:アナトーリ・コツェルガさん
修道士:ガボール・ブレッツさん
エリザベッタ:ミカエラ・カロージさん
エボリ公女:アンナ・スミルノヴァさん
テバルド:イレーナ・ベスパロヴァイテさん
レルマ伯爵:キ・ヒュン・キムさん
国王の布告者:カルロ・ボージさん
天の声:ユリア・ボルヒェルトさん
フランドルの6人の使者:フィリッポ・ベットスキさん、アレッサンドロ・パリャーガさん、エルネスト・パナリエッロさん
、ステファノ・リナルディ・ミニアーニさん、アレッサンドロ・スピーナさん、ルチアーノ・バティニッチさん

ミラノ・スカラ座管弦楽団/ミラノ・スカラ座合唱団

昨年たくさん観た「ドン・カルロ」。今年はスカラ座で観てみることにしました。ヴェルディさんのオペラの中でも、特に音楽が、どこを取っても美しいと思いますし、ストーリーも大好きです。

《ビデオ》カラヤンの遺産「ドン・カルロ」:
  http://34402263.at.webry.info/200807/article_2.html
《DVD》魅惑のオペラ13 ヴェルディ「ドン・カルロス」: 
  http://34402263.at.webry.info/200807/article_3.html
フランス・パリ国立オペラ座〔バスティーユ〕:
  http://34402263.at.webry.info/200807/article_4.html

しかし、少し前にNHKで放送されたものと、演出はほぼ同じでしたね…。「アイーダ」の方にしておけば良かったかな…?

会場前、神田精養軒へお茶をしに入りましたら、「ミラノ・スカラ座来日記念 〜ドン・カルロとエリザベッタ〜」という特別メニューがあり、興味はありましたが、あいにくランチは済ませて来てしまったので、それ以上はお腹に入らず…。

この日は1階、左側の席。ここは足場が狭いですね。私でも膝がつかえて変な姿勢になるのに、私より足の長い方は、長時間のオペラの時などは、この席には座れませんね…。
ここから見上げると、東京文化会館も、それ程大きくなく見えます。客層は、さすがに迫力あり。
しかし、咳をしているのに、マスクをしていない人が多くて困りました…。
イタリア人のお客さんもたくさん。

このオペラをパリ・バスティーユで観た、昨年の夏を思い出しながら楽しみました。スカラ座はやはり歌手もオーケストラも、さすがにとても良いですが、演出、衣装は、パリ・バスティーユの方が豪華だったかな…?
音楽も、パリ・バスティーユで聴いたものとは又、違った作り方。(パリの方がノビノビと歌う感じでした。)
今回のこの「ドン・カルロ」の様に、”音楽”と”歌”を主役にした演出が好きです♪

ラモン・バルガスさんは(多分)初めて生で聴きましたが、いいですね〜。声の存在感がものすごくあって、とても聴きやすく、全く乱れが無いですね。ロドリーゴ役のダリボール・イェニスさんも、とても役のイメージに合っていて、良かった!
そして、カルロとロドリーゴが、上杉景勝と直江兼続の様だわと思いました(笑)。

スカラ座、いつか中でオペラをぜひ観てみたいです。7年ほど前にミラノを訪れた時には、丁度改装中でビニールがかかっていて、外装すら見られませんでした…。ヴェルディさんの銅像の前は、バスで何度と無く通りましたが。偉大な歴史を持つGreat Countryですね。ヴェルディさんの曲を聴いていると、そういう風土から生まれた音楽…、という感じがとてもしますね。
このイタリア旅行の直前、そういえば西本智実さん指揮のコンサートに初めて行って、びっくりしてしまい(今までに聴いたことの無い音色が、西本さんの指揮姿と共に飛んできて、曲のクライマックスのところで一瞬体が客席から浮いてしまったような感じがしました。ロシア・シンフォニー・オーケストラの演奏でラフマニノフさんのピアノ協奏曲2番でした)、「この旅行から帰ったら、西本智実さんについて色々と調べてみよう。」などと思いながらの旅行だったなあ、と思い出していました。(その後は、ご覧の通り、すっかり西本さんのコンサートのリピーターです。)

休憩時間に、会場では、なにやら警備(?)の様な方々が…。「どなたか要人がいらしているのかしら?」と思って見ていたら、何と天皇陛下と美智子皇后でした。途中から天皇・皇后両陛下と一緒にオペラ鑑賞なんて、なんて素敵な時間なのでしょう!! 

この日は、スカラ座来日公演の最終日。終演後、オーケストラも出演者も全員が舞台に乗り、天井からテープと風船が。そして上から、「大成功おめでとうございます。スカラ座の皆さん、又、会いましょう。」という横断幕が降りて来て、主役の歌手一人一人がご挨拶。会場、総立ち! その後、天皇・皇后両陛下を拍手でお見送り。
何とも豪華な日でした。



他の音楽ブログを読んでみる







***************************
★壁紙を購入してインターネット募金★
〜 深津絵里さん主演映画『女の子ものがたり』壁紙購入チャリティのご案内
8月29日(土)より全国公開されている映画『女の子ものがたり』(監督:森岡利行、原作:西原理恵子、主演:深津絵里)の壁紙購入チャリティプログラムが始まりました。
壁紙購入による募金は、ミャンマー(ビルマ)難民キャンプでの図書館活動に使用されます。
▽『女の子ものがたり』壁紙購入のサイトはコチラ
http://volunteer.yahoo.co.jp/donation/detail/723001/index.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
《METライヴビューイング2010-2011》:ヴェルディ『ドン・カルロ』(イタリア語・5幕版)
1月10日    新宿ピカデリー(MET上演: 2010月12月11日) ...続きを見る
iceskateのコンサートメモ
2011/01/29 18:22
メトロポリタン歌劇場来日公演 ヴェルディ『ドン・カルロ』
6月18日    NHKホール ...続きを見る
iceskateのコンサートメモ
2011/09/08 01:08

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ミラノ・スカラ座来日公演「ドン・カルロ」全4幕 イタリア語版 iceskateのコンサートメモ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる