iceskateのコンサートメモ

アクセスカウンタ

zoom RSS 西本智実 with ラトビア国立交響楽団 ピアノ:ウォニー・ソン

<<   作成日時 : 2010/02/02 23:09   >>

トラックバック 2 / コメント 0

1月31日   東京オペラシティ コンサートホール

チャイコフスキー:バレエ組曲「白鳥の湖」よりワルツ
ラフマニノフ:ピアノ協奏曲 第2番 ハ短調 作品18
ブラームス:交響曲 第4番 ホ短調 作品98
アンコール ブラームス:ハンガリー舞曲 第1番
http://www.samonpromotion.com/live/nishimoto-jan/#rozhdestvensky

私にとって初めての、このホールでの西本さんのコンサートでした。(今までなかなかスケジュールが合わず、行けなかったのです…。) この日はステージ横の席で、乗り出してもステージが半分しか見えず、背中が痛くなってしまいました…。

このツアーの途中で、西本さん、疲労・筋肉痛・関節痛などの効能のある温泉に浸かれて本当に良かったですね!
温泉のお陰で、このツアーラストの公演は、少しはお体が楽であったらよかったなあ、と思います。

「白鳥の湖」よりワルツ、これは「白鳥の湖」の中で私が1番好きな曲で、西本さんのCDにも入っていないし、いつか西本さんの指揮で聴きたい、と思っていた曲でした。オーケストラの方々、やはり相当にお疲れだった様ですね。無理もないと思います。

このところ、辻井伸行さんの特別番組でよく聴く 「ラフマニノフ:ピアノ協奏曲 第2番」。この日のウォニー・ソンさんもなかなか素晴らしかったですね。上記の通り背中が痛くなる席でしたが、乗り出せばソンさんのとてもきれいなタッチが良く見えて、それも楽しめました。
オーケストラも頑張っておられたと思いますが、皆さんがお元気でベストコンディションの時に、再度このコンビでこの曲をぜひ聴いてみたいな、と思いました。

そしてこの曲は、私にとっての初めての西本さんのコンサート(約7年前でオーケストラはチャイコフスキー記念財団ロシア交響楽団でした)で聴いた曲で、その日の曲目の中で最も強く印象に残っている曲です。第3楽章の最も盛り上がるところで、何とも言えない音色と迫力と西本さんの指揮姿に圧倒され、大変感銘を受け、その音が聴こえた瞬間に、自分の腰が一瞬客席から浮いてしまったか、と感じるくらいびっくりしてしまい、それから西本さんのことを色々と知りたくなり、今ではすっかりコンサートリピーターとなりました。

今回のその”びっくりした”部分の指揮の仕方は、初めて聴いた時とは違っていました。(その時の指揮のポーズまで鮮明に覚えています。) 時が経つにつれ、指揮の仕方も変わってきているのですね。

プログラムノートにありましたが、この曲は、ラフマニノフさんに対する神経科医の催眠療法によって生まれた曲なのですね。音楽家やスポーツ選手等、そういったことで傑作が生まれたり、とても良い結果が出たり…、ということがあるのですね。

「ブラームス:交響曲 第4番」は、昨年初めの西本さんとロイヤルチェンバーオーケストラとのツアーでのなかなか素晴らしい演奏(http://34402263.at.webry.info/200902/article_2.html)もまだ記憶に新しいですね。
今回のオーケストラの弦楽器のキラキラ耀くような音色が、この曲にピッタリですね。全体的にとても素晴らしかったけれど、本当にこの弦楽器の音色が素晴らしかったです。
この日の演奏、CDが欲しいです!!!! 「ブラボー!!!!!」です。

アンコールも、最近よく西本さんのコンサートのアンコールで演奏される曲。西本さんの演奏されるブラームスさんの曲は、とても合っていて何とも素敵です♪
アンコールの後、横に居た家人が珍しく「立ってあげなさい!」
それで、膝の上のプログラムやら書類やらをドン!と家人に預けて、この日は立ちました!!
他にも立っておられる方々がいらっしゃいましたので、気楽に立っていられました(笑)。

その後、ラトヴィア大使館の方から西本さんとオーケストラに、ピンクと赤を基調にした大きな豪華な花束が贈呈されていました。とっても素敵でした。大使館の方、気が利きますね。

皆様、長く過酷な今回のツアー、本当にお疲れ様でした!!!
オーケストラの皆さん、11月に又、ミッシャ・マイスキーさんと共にお会い致しましょう!

そして西本さんは、このツアーが終わられたら、少しゆっくりお休みになられるのかな、と思っておりましたら、翌日には何と海外へ!
くれぐれも睡眠とお食事をしっかり摂られて、お倒れにならないようにしていただきたいな、と思います。
本当にお疲れ様です!!!



他の音楽ブログを読んでみる






*************************
Child AFRICA(チャイルド・アフリカ)とは: 
http://child-africa.org
世界中の子どもたちの教育支援を目的に、 2008年 8月、MISIAの提唱で設立された団体。これまでに、ユニセフの「子どもにやさしい学校」を紹介する「Child-Friendly Project」や、マラウイの子どもに蚊帳や教材を送る「Love isFreeCampaign」を実施。 2009年 9月からは、 Child AFRICAスペシャルサポーターであるウルトラマンとともに、「地球の子どもたちを守る」ことをテーマに掲げた「星空の警備隊」を実施中。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
西本智実 with ラトビア国立交響楽団
12月2日    サントリーホール 大ホール ...続きを見る
iceskateのコンサートメモ
2010/12/05 03:18
記事参照数トップ10(2009年12月〜2010年11月の記事):2011年9月9日時点の集計
毎年恒例の「記事参照数トップ10」。いつもお正月(1月中位?)には計算していたのですが、今年はやはり忙しかったのか、こんな時期になってしまいました…。 ...続きを見る
iceskateのコンサートメモ
2011/09/09 01:19

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
西本智実 with ラトビア国立交響楽団 ピアノ:ウォニー・ソン  iceskateのコンサートメモ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる