iceskateのコンサートメモ

アクセスカウンタ

zoom RSS 《CD》ノスタルジー 西本智実 管弦楽曲集

<<   作成日時 : 2010/05/01 00:00   >>

トラックバック 1 / コメント 0

演奏:ブダペスト・フィルハーモニー管弦楽団

ノスタルジー 西本智実 管弦楽曲集
キングレコード
2010-04-21
西本智実

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


ほとんどの曲が、深い演奏でいいですね〜。長く飽きずに聴けそうなCDですね。

最後の「美しく青きドナウ」だけは、聴き慣れている、もっと軽やかな演奏の方が好きですが、何故か、このCDの演奏を聴きながら、自分がこの曲でアイスダンスしている絵が脳裏に浮かびました…(笑)。
そして、この曲が元々男性合唱のために書かれた曲だった、ということを、解説書を読んで初めて知りました。

「モルダウ」は、「New Year moscow 2004」に入っている”ミレニウム”の演奏と聴き比べてみましたが、今回の演奏の方が良いかな、と思いました。(聴く前は、逆かな? と思っていましたが…。)
オーケストラの音色は”ミレニウム”の方が好きだけれど、西本さんの演奏は今回の方が良いかな、という感じですね。

ハープシコードの入った「G線上のアリア」。これが原曲の音なのですね。たまに西本さんのコンサートのアンコールとしてこの曲を聴きますが、それが大好きなのです♪♪ 今回のCDに入っていてとても嬉しいです♪
(欲を言えば、西本さんのコンサートのアンコールで聴く曲で、シベリウスさん作曲の「アンダンテ・フェスティヴォ」も大好きなので、この曲も収録されていたらもっと嬉しかったなあ…、と思います。)

「運命の力」序曲は、オペラ劇場のオケピットで、このオペラを指揮している西本さんの姿が目の前に見える様です。”オペラ〜♪”という音がしますね。
マリインスキー劇場からの委嘱を受けて書かれた作品だったということも、初めて知りました。
(今回、解説書を読んで初めて知ったことが、多いです。)

「修道女アンジェリカ」間奏曲は、やはり特別ですね。”曲”として、今回のCDに入っている曲の中で1番素敵だな、と思います。最高♪♪

「アダージョ」、これは、西本さんの指揮で初めて聴く曲ですが、「似合いそうだな。」と思っていましたので、このCDで聴くのが楽しみでした。
オルガンが入っていて、とても素敵ですね。又、ヴァイオリンソロが素晴らしく味わい深いですね。
聴いた後、この曲が以前にも増して好きになりました。
そして、これも初めて知ったことですが、作曲者がアルビノーニさんではなく、ジャゾットさんで、実は現代の作品なのですね。びっくりしました。「アルビノーニのアダージョ」として、あまりにも有名ですので。

さて、CDジャケットにある「最初に共演したドヴォルザーク《新世界より》とプッチーニ《マノン・レスコー》間奏曲という…」の部分ですが、西本さんとこのオーケストラの最初の共演はオペラ「トスカ」の来日公演(http://34402263.at.webry.info/200611/article_3.html)でしたね。

西本さん、オペラの曲を演奏されている方が良い様ですね♪♪
このCDの様に、西本さん指揮のオペラの序曲や間奏曲のみで構成されたコンサート、というのもとても素敵で楽しめるだろうな、と思います。

※6月21日追記:
今、このCDが”お休みのお供”で毎晩聴いているのですが、本当にいいですね…。心が休まります。
2曲目の「G線上のアリア」か、4曲目の「カヴァレリア・レスティカーナ」あたりで、いつも心地よい眠りについてしまいます…。




他の音楽ブログを読んでみる







♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
西本さんの指揮でコンセルトヘボウで「ヴェルディ:レクイエム」を歌う企画(http://www.lattesa.co.jp/performance-tour.php?id=19)の合唱の練習が、今、楽しくて仕方がありません。
私は、音楽のレッスンといえば、今までヤマハ1本でしたが、ヤマハ以外のところでこうしたレッスンを受けることがとても新鮮です♪
藤原規生先生(http://pleiade.dip.jp/staff/fujihara.html)による事前練習もあと2回となってしまいました。
合唱初めての私でも、とても楽しく無理なく付いていけるような&あくまでも本物志向のご指導で、とても充実しています。
本当に素晴らしい先生&練習ピアニストの方に出会えました。
当初は40人位でしたが、難しい曲のせいかだんだん減ってしまい、8声に分かれたりすると、このパートは1人、などということもしばしばです。
5月末からの本格練習に入りますと、経験者の方が結構多く入られる、とは伺っていますが。
(まあ、本番はオランダの合唱団と合流するそうなので、あまり人数の心配はいらないのでしょうけれども…。)

多く歌えば歌うほど、この曲の虜になってしまいそうです。本当に綺麗な曲を作られますね、ヴェルディさんは。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
記事参照数トップ10(2009年12月〜2010年11月の記事):2011年9月9日時点の集計
毎年恒例の「記事参照数トップ10」。いつもお正月(1月中位?)には計算していたのですが、今年はやはり忙しかったのか、こんな時期になってしまいました…。 ...続きを見る
iceskateのコンサートメモ
2011/09/09 01:19

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
《CD》ノスタルジー 西本智実 管弦楽曲集 iceskateのコンサートメモ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる